「犬鳴村」、フランスの映画祭でグランプリに次ぐ審査員賞

2020年2月7日 19:35

舞台挨拶に立った三吉彩花ら
舞台挨拶に立った三吉彩花ら

[映画.com ニュース] 福岡県に実在する心霊スポットを舞台にしたホラー「犬鳴村」が2月7日、全国211スクリーンで封切り。東京・有楽町の丸の内TOEIで初日舞台挨拶が行われ、主演の三吉彩花をはじめ、坂東龍汰古川毅宮野陽名大谷凜香、主題歌を歌うMs.OOJA、清水崇監督(「呪怨」シリーズ)が登壇した。

福岡県の「旧犬鳴トンネル」の先に位置するとされ、「近くの小屋には死体が山積みにされている」「全ての携帯電話が圏外になる」と噂の心霊スポットで、三吉演じる臨床心理士らが恐ろしい現象に遭遇する。

1月29日から2月2日まで、フランスのジェラルメで開催された第27回ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭の長編コンペティション部門に出品され、グランプリに次ぐ審査員賞を受賞。かつて清水監督も、同映画祭の審査員を務めたことがあるといい「田舎の雪山でやっている結構大規模な映画祭。2番目の賞ということで、ありがたいですね」と喜びを語っていた。

同作はJホラーの旗手である清水監督の新作として注目されるが、当の清水監督は「それだけではないと思っている」といい、「ホラーは若い人向けの絵空事と思われがちだが、この映画の試写では、号泣した中高年の女性から『こんなに感動したのは久しぶり』と言っていただき、うれしかった」と世代を問わず楽しめるドラマ性をアピールしていた。

主演の三吉も「ただ怖いだけではなく、そこに切なさや悲しさがあり、人間味あるストーリーが描かれている。何かを感じてもらえる、考えていただける作品だと思います」と自信のコメント。自身はホラー嫌いで「清水監督の作品は見たことがなかった」というが、「撮影をした一昨年の冬(の記憶)がよみがえり、こうしてやっと皆さんに見ていただけると思うとうれしいです」と感慨しきりだった。

舞台挨拶には旧犬鳴トンネルがある福岡県宮若市の有吉哲信市長が駆けつけ、「心霊スポットが注目され、ちょっと複雑な気持ち」と前置きしながらも、「宮若市には山紫水明、癒されるスポットもたくさんあるので、ぜひお越しください」。さらにふるさと納税の特典についてもアピールし、会場を和ませていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com