“駄作界の市民ケーン”と称されたカルトムービー「ザ・ルーム」が日本上陸!

2020年2月1日 08:00

「未体験ゾーンの映画たち2020」で上映
「未体験ゾーンの映画たち2020」で上映

[映画.com ニュース] “駄作界の「市民ケーン」”と称された伝説のカルトムービー「ザ・ルーム」が、「未体験ゾーンの映画たち2020」のクロージング作品として上映されることがわかった。

ザ・ルーム」とは、2003年の公開から現在まで、毎日世界のどこかで上映され続けている異色の恋愛ドラマだ。J・J・エイブラムスポール・ラッドジョナ・ヒルらハリウッド業界人もファンを公言。その理由とは、同作が唯一無二の“奇妙”な作品だからである。支離滅裂な脚本、間の抜けた演出、棒読みセリフなど、本来であれば欠陥ともいうべき要素が、笑いとして昇華されているのだ。

サンフランシスコで恋人リサと暮らす銀行員ジョニーは、仕事も私生活も順調な毎日を送っていた。しかしジョニーとの関係を退屈に感じたリサは、彼の親友マークを誘惑。リサのわずかな態度の変化に気づいたジョニーは疑心暗鬼になり、人生の歯車を狂わせていく。

トミー・ウィゾー
トミー・ウィゾー

初公開時からアメリカの劇場で爆笑の渦を巻き起こし、やがて「ロッキー・ホラー・ショー」のように観客参加型の上映形式が確立。観客主導で生み出された“お約束”には、以下のようなものがある。

・上映中、画面のピントがズレたら「フォーカス!」と撮影監督を叱る

・紹介の無い新キャラが我が物顔で説教し始めたら「お前誰だよ!」とツッコむ

・部屋に入ってきた登場人物がドアを閉め忘れたら「ドアを閉めろ!」と教える

・やたらと長い濃厚なラブシーンではスマホ・ライトを振る

・劇中の名セリフ、シーンを皆で合唱&再現

・意味もなく目立つ“スプーンの写真立て”が現れたら「スプーン!」と叫びながら大量のプラスチックスプーンを投げる

最高の最低映画!
最高の最低映画!

監督、製作、脚本を務めたのは、知識も技術も全くなかったが、映画作りへの情熱だけはあったトミー・ウィゾー。“カルト映画界”では有名だった彼が脚光を浴びたのは、17年のこと。俳優ジェームズ・フランコの監督・主演で、本作の製作過程を映画化した「ディザスター・アーティスト」が、第75回ゴールデングローブ賞の最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞。さらに、第90回アカデミー賞脚色賞にノミネートを果たすことになった。

ザ・ルーム」は、東京のヒューマントラスト渋谷(3月6~19日)、大阪のシネ・リーブル梅田(4月16~23日)で行われる「未体験ゾーンの映画たち2020」で上映。なお、ヒューマントラスト渋谷では上映期間中、発声&スプーン投げが可能な「スプーン上映」を実施する。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • オーディション
  • 喰女 ―クイメ―
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • ブロンソン
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • サスペリア PART2 完全版
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com