愛猫の豹変がトラウマ級!「ペット・セメタリー」本編映像入手

2020年1月11日 11:00

愛猫が凶暴化!
愛猫が凶暴化!

[映画.com ニュース] スティーブン・キングの小説を新たな設定で再映画化した「ペット・セメタリー」の本編映像を、映画.comが入手した。愛猫が凶暴化してしまう恐怖シーンを収めている。

原作小説は、キング自身の原体験からインスパイアされ、内容の恐ろしさに出版をしばらく見送ったという“最大の問題作”として知られている。89年には、メアリー・ランバート監督によって「ペット・セメタリー(1989)」として映画化され、92年に続編「ペット・セメタリー2」が製作された。

ある日、一家の娘エリー(ジェテ・ローレンス)が大事にしていた猫のチャーチが事故に遭い、突然命を落とす。父親のルイス(ジェイソン・クラーク)は、悲しみに暮れるであろうエリーを心配した隣人ジャド(ジョン・リスゴー)の助言に従い、その墓地のはるか奥深くにある動物の墓地ペット・セメタリーにチャーチを埋葬する。

公開された映像は、ペット・セメタリーの奥深くの土地から戻ってきたチャーチが、飼い主であるエリーを襲おうとするシーン。チャーチが命を落としていたことを知らないエリーが、いつも通りブラシでチャーチの毛並みを整えようとするが、腐臭を発するなどチャーチの様子がおかしいことに気がつく。

そして、毛の絡まりを取ろうと強くブラシを入れると、チャーチが豹変。毛を逆立てて威嚇するような唸り声をあげ、エリーを引っかいてしまう。元気で愛らしかったチャーチが凶暴化してしまい、エリーたち家族にどのような災いをもたらすのだろうか。

劇中でのチャーチは、主に埋葬される前をトニック、主に埋葬後をレオという名前の保護猫2匹が演じた。劇中で“熱演”を見せた猫たちは、撮影後に本作の関係者に引き取られたという。

ペット・セメタリー」は1月17日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com