ハリウッド版「最強のふたり」本編映像 新バディのジェネレーションギャップが明らかに

2019年12月11日 19:00

ジェネレーションギャップに戸惑い?
ジェネレーションギャップに戸惑い?

[映画.com ニュース] 世界中で大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」のハリウッドリメイク版「THE UPSIDE 最強のふたり」の本編映像の一部を、映画.comが入手した。新たなコンビとなる2人のギャップが判明するシーンを収めている。

ハンディキャップを持つ大富豪と、スラム街出身の男に芽生える友情を描き、日本で公開されたフランス映画史上トップの興行収入を記録した「最強のふたり」。ハリウッドリメイク版は、1月に全米で公開されると、2035万5000ドル(オリジナル版の約200倍)のオープニング成績をあげ、全米ランキングで1位にランクイン。その後も7週連続でトップ10に入る大ヒットとなった。

ジュマンジ」シリーズのケビン・ハートがスラム街出身の主人公デル、ドラマ「ブレイキング・バッド」や「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストンが全身麻痺の大富豪フィリップを演じ、フィリップの秘書・イヴォンヌ役でオスカー女優ニコール・キッドマンが共演する。

公開されたのは、デルとフィリップの年齢差と考え方の違いがはっきりとわかるシーン。リリーという女性と文通をしているフィリップは、リリーのためにイェーツの詩をしたためるが、隣で聞いていたデルは笑いながら「自分の詩をリリーに送れ」とアドバイスを送る。

ポエムの書き方を指南しはじめるデルだったが、フィリップがリリーの顔を知らないという事実に驚愕する。「リリーも自分を知らない」と言うフィリップに対し、「女をわかってないな。検索されてるぞ」と言い放つデル。個人のSNSページを簡単に見つけることができてしまう時代もあり、アメリカの現代っ子のデルには、文通の良さがさっぱり伝わっていない。

やがて、この価値観の違いがフィリップの背中を押し、障害により諦めていた人生を再び上昇させることになるきっかけとなる。

THE UPSIDE 最強のふたり」は、12月20日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース