りんごちゃん、ギャップものまねで「ラスト・クリスマス」熱唱!「かわいらしく歌うつもりが……」

2019年12月2日 14:30

公開直前イベントに出席した りんごちゃん
公開直前イベントに出席した りんごちゃん

[映画.com ニュース] ものまねタレントのりんごちゃんが12月2日、都内で行われた米映画「ラスト・クリスマス」の公開直前イベントに出席。映画のモチーフとなった人気デュオ「ワム!」の同名曲を、ギャップものまねで熱唱し「かわいらしく歌うつもりが、やっぱりワイルドな方(大友康平)がいらっしゃいまして。でも楽しく気持ちよく歌えました」と照れ笑いを浮かべていた。

クリスマスの定番ソング「ラスト・クリスマス」をモチーフに、「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと「クレイジー・リッチ!」のヘンリー・ゴールディングが共演するロマンチックコメディ。仕事に身が入らず、乱れがちな生活を送るクリスマスショップ店員ケイトの前に、彼女の抱える問題を見抜く不思議な青年トムが現れる。2人は急接近するが、トムはある秘密を隠し持っていた。

りんごちゃんは「この冬絶対に見るべき映画。心が温まるし、楽しいだけじゃなく、命の尊さを感じたり、深いテーマがあるんです」と映画をアピール。今年のクリスマスは「仕事かもしれませんが、隙あらば誰かと見に行きたい。一緒に見に行ける人募集します」と話していた。

大ブレイクを果たした2019年を振り返り「もう人生のピークというか、とにかく特別な1年。毎日、初めての経験をさせてもらい、刺激的であり、皆さんに感謝しかなくて」としみじみ。来年も「いろんなことに挑戦したい。ギャップものまねで笑顔になっていただくのはもちろん、『スターティン!』を超えるものを生み出し、新しいりんごちゃんを見てもらえる年にしたい」と意欲を燃やしていた。

ラスト・クリスマス」は12月6日から全国公開。「いつか晴れた日」でアカデミー脚色賞を受賞し、女優として本作にも出演するエマ・トンプソンが脚本を手がけている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース