玉城ティナ、女優としての成長認められ「うれしい」 宇宙人、地獄少女の次は?

2019年11月16日 14:22

舞台挨拶に立った(左から)森七菜、 玉城ティナ、橋本マナミ
舞台挨拶に立った(左から)森七菜、 玉城ティナ、橋本マナミ

[映画.com ニュース] 人気アニメを実写映画化した「地獄少女」の公開記念舞台挨拶が11月16日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の玉城ティナをはじめ、橋本マナミ楽駆森七菜仁村紗和大場美奈藤田富白石晃士監督が出席した。

2005年に第1期が放送され、ドラマ、書籍、ゲーム、舞台など幅広く展開された人気オリジナルテレビアニメ「地獄少女」を実写映画化。「深夜0時に開く秘密のサイト『地獄通信』に依頼すると、恨みを晴らしてくれる」地獄少女こと閻魔あい(玉城)が、依頼人の報復を代行する。11月15日に全国103スクリーンで封切られた。

難役を演じきった玉城は「ほっとした気持ち」と心境を語り、「閻魔あいは今まで演じたことがない役なので、(役作りへの)アプローチも違う形で取り組ませてもらった」と述懐。「いっぺん、死んでみる?」など地獄少女ならではの決めセリフも多く「そのときは、1回もまばたきはしていない。我慢していると、目がどんどん乾いてきて、コンタクトレンズの視点が合わなくなった」と苦労を語り、「人間じゃない役は意外とやっていて(笑)、宇宙人も演じていますし、これで宇宙と地獄はやったので、他に何ができるかなと考えている」と夢を広げていた。

貞子vs伽椰子」に続き、玉城とタッグを組んだ白石監督は「すばらしい役者さんになっていて、今回はほとんどお任せでした。玉城さんが作ってきたキャラクターも、どんぴしゃで。演技については何も言っていない。頼もしかったです」と女優としての成長を絶賛。当の玉城は、「何も言われなさ過ぎて不安でした。嫌われているのかなって(笑)。でも、そう思ってくださり、うれしいです」と笑顔を見せていた。

橋本は原作屈指の人気キャラクター・骨女を演じ「当初は私が演じるということで、賛否もあり不安だったが、監督が『大丈夫だから』と言ってくださり。今のところ、批判は届いていません」と安どの表情。ただ「濃厚なキスシーンがあり、頑張ったがカットされた」と恨み節も。地獄少女を呼び出す女子高生役の森は「今日も8人中3人(玉城、橋本、楽駆)が妖怪ですけど……、私は一番普通というか、平凡なので、皆さんに共感してもらえるように普通さを大切にした」と話していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com