戸田恵梨香「なんで私はこんな声が低いんだろう」と苦笑い 森七菜に“驚がく”

2019年11月2日 22:03

豪華キャストが結集
豪華キャストが結集

[映画.com ニュース] 常盤司郎監督の初メガホン作「最初の晩餐」の公開記念舞台挨拶が11月2日、東京・新宿ピカデリーで行われ、常盤監督をはじめ、主演の染谷将太戸田恵梨香斉藤由貴永瀬正敏森七菜楽駆常盤司郎監督が出席した。

父を亡くし、通夜の準備を進める家族が、母の作る“家族の味”を通じて、過ぎ去った時間ときずなを取り戻す。11月1日に全国58スクリーンで封切り。本作のために脚本作りも含めて、7年の構想を費やした常盤監督は「昨日からお客様で(劇場が)パンパンだと聞き、うるっと来てしまった。感謝しかないです。大好きな伊丹十三さんのお墓参りもさせていただいた」と感無量の面持ちだった。

主演の染谷は「最初にお話をいただいたのが5年前。こうして熟して、一番おいしい形でお届けできて感無量です」と挨拶。「とても素直で正直な映画。見終わったら、真っ白なパズルが完成すると思うので、どんな風景に見えるかはお客様次第」とアピールしていた。

長女を演じる戸田は、幼少期の自分を演じる森について「いきいきと輝いていて、なんてきれいなのって……。それなのに、なんで私はこんな声が低いんだろうって驚がくしました」と苦笑い。当の森は「本当にありがとうございます」と恐縮しきりだった。

新人の楽駆は「今日が人生初めての舞台挨拶です」と初々しく挨拶し、自分の成長した姿を演じる窪塚洋介について「2人だけで本読みをさせていただき、『僕はこの人になるんだな』って感慨深くて。スクリーンの窪塚さんは圧巻でした。鳥肌と涙が同時に出てきました」としみじみ振り返った。

そんな“子どもたち”の姿に、母親を演じる斉藤は「なんてすてきな家族。出演者として、最初から最後まで、最も関われる役どころだったことにも感謝している。皆が家族として、心が通じ合い、芝居にうそがないのは、常盤監督の力」。父親役の永瀬は「戸田さんは(朝ドラ撮影で)大阪で体験かと思いますが、ぜひもう一度は(ヒット御礼の)舞台挨拶ができればいいですね」とヒットに期待を寄せていた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース