伊藤沙莉×山田佳奈監督で生まれた現代版「赤線地帯」 キーになったのは田中俊介のお尻?

2019年11月4日 18:00

それぞれの人生を生き抜くデリヘル嬢たちの姿を描く
それぞれの人生を生き抜くデリヘル嬢たちの姿を描く

[映画.com ニュース]第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「タイトル、拒絶」が11月4日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、キャストの伊藤沙莉森田想田中俊介山田佳奈監督が舞台挨拶に臨んだ。

劇団「□字ック」主宰を務める山田監督が、自身の同名舞台を映画化。どうしようもない人生でも“生きていかなくちゃいけない”デリヘル嬢たちの姿を描く。「かちかち山」のウサギとタヌキになぞらえている登場人物の“ポジション”。自身を“タヌキ”だと感じている主人公カノウ役の伊藤は「(役の理解は)すんなりでしたね。“人間・伊藤沙莉”は、タヌキとして生きてきたつもりだったので、カノウに寄り添えるなと。客観と主観がぐちゃぐちゃと混じり、カノウの立ち位置や目線、考えは共感ばかり。(脚本を読んだ時点で)演じていて楽しいだろうなと思っていたんです」と念願の役どころになったようだ。

長編デビューを飾った山田監督が、舞台版の脚本を書き下ろしたのは約6年前のこと。当時、レコード会社の社員だったようで「容姿が良い女性、そうではない女性の仕事の取り方が全然違ったんですよね。私は本作でいえばタヌキ寄りの人間だったんですが、男性に負けたくないなという気持ちが強かったんです。なぜ女性は2種類に分類されなくてはいけないのか――そういう葛藤を持ったまま20代半ばを迎え、書いたのがこの作品でした」と述懐。観客からは「『赤線地帯』(溝口健二監督)で描かれていたことの“現代版”のように思えた」という感想が飛び出し、東京国際映画祭プログラミング・ディレクターを務める矢田部吉彦氏も2作の共通点を認めていた。

デリヘルを舞台としながらも、性描写は極力省略されている。「企画立ち上げ当時、セックスワーカーを題材にしているため“脱ぐ”“脱がない”に関する点を話し合いました。本作は性を扱うというよりも、ひとりひとりの生きざまを描くもの。極力性描写なしに、人間を描けないか」と熟考を重ねた山田監督。恋愛軸が強い関係性であるキョウコ(森田)とリョウタ(田中)の性描写のみとしたようで「男性監督が女性を脱がして表現することは多いですが、『そうではない表現とは?』と考えた時に、男性のお尻はどうなんだろうと思いついたんです」と振り返った。

「だから、田中君に『お尻ってどう?』と聞いたんですよ(笑)。そうしたら『全然お尻大丈夫っす!』と言ってくれたんです」(山田監督)と田中のお尻を映すことになったようだ。「性生活、性描写を、自分なりの解釈で撮れないかなと思って、あの表現になったんです」という発言に続き、コメントを求められた田中は「僕のお尻に関するコメントですか?。皆さん、いかがでしたか?」と笑いながら客席に意見を求める。やがて、場内に拍手が響き渡ると「ありがとうございます。お尻がきれいな俳優です」と胸を張った。

やがて、作品作りに関するこだわりを問われた山田監督。「舞台出身者であり、音楽好きという面もあるのですが――レコード会社で『怒髪天』の宣伝を担当していた頃に『ミュージシャンとは、最初の一音を鳴らすまでが勝負だ』という言葉を聞いたんです。舞台も映画も、最初の5分、そして物語が走っていく15分を、どうお客様に見ていただけるかということを大事にしています」と答えていた。

第32回東京国際映画祭は、11月5日まで開催される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース