ロマンチックなシーンを回想した福山雅治、石田ゆり子の「付き合ったら大変そうな方…」にショック!

2019年10月24日 19:44

福山雅治&石田ゆり子が共演した大人の恋物語「マチネの終わりに」
福山雅治&石田ゆり子が共演した大人の恋物語「マチネの終わりに」

[映画.com ニュース]芥川賞作家・平野啓一郎氏のベストセラー小説を映画化した「マチネの終わりに」の公開直前イベントが、10月24日に東京・スペースFS汐留で行われ、初共演を果たした福山雅治石田ゆり子、メガホンをとった西谷弘監督が登壇した。

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山)は、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田)と出会う。ともに40代という繊細な年齢を迎えていた2人は、出会った瞬間から強く惹かれ合った。洋子には婚約者がいることを知りながらも、蒔野は高まる思いを抑えきれず、愛の言葉を告げる。それぞれを取り巻く現実に向き合うなか、2人の間に思わぬ障害が生じ、思いは決定的にすれ違ってしまう。

印象的な共演シーンを問われ、福山は「2人の部屋で過ごすシーンは印象的。西谷監督が珍しく『もっとちょうだい』っていう(感じだった)。僕、西谷さんとは何度もご一緒させて頂いていますが、(そのテンションは)初めてだった」といい、西谷監督は「僕も必要以上に求めてしまいました」と照れ笑い。石田は「1つ1つの共演シーンがどれも濃いので……何でしょうね?」と福山に水を向けると、「僕はあのロマンチックな夜ですよ」と再び嬉しそうに話し始め、思い入れの強いシーンであることを伺わせた。

ゲームに成功し、大喜びの福山雅治
ゲームに成功し、大喜びの福山雅治

この日は福山と石田が約100人の観客を前にトータライザー(アンケート集計機)を使用し、観客が「はい」と答えてくれるような質問を出題、目標人数を目指すという「愛の直感力勝負」が行われた。目標人数が3人に設定され、福山は映画の内容とからめ「『あなたが死んだら私も死ぬ』と言ったことがある人、スイッチオン!」と元気よく出題。すると、見事3人ぴったりという結果に! 福山は大喜びで立ち上がり、「ありがとう!」と会場に感謝を述べ、MCからの「スーパースター、さすがです!」という言葉に満足気にうなずく。観客の恋愛事情に興味津々の福山は、さらに「スイッチを押してくれた3人に聞きますね、その中で相手も『俺も死ぬよ』って言ってくれた人は?」と問いかけるが、トータライザーが弾き出したのは「0人」という悲しい結果。福山は大笑いしながら、「これは3人の方、言わなきゃ良かったね(笑)」と優しく言葉をかけていた。

続いて、同じく3人を目指す石田は「『ミュージシャンと付き合ったことがある方』にしようかな」と考えながら、「こういう(福山さんみたいな)ミュージシャンじゃなくてもいいですけど。こんな付き合ったら大変そうな方……」とポツリ。その言葉に福山は「大変なの(笑)!?」とショックを隠せない様子で、慌ててフォローしようとする石田に「僕は後から楽屋で整理するから大丈夫」としょんぼり肩を落とし、まさかの“失恋”を嘆いていた。

マチネの終わりに」には、ほか伊勢谷友介桜井ユキ木南晴夏風吹ジュン板谷由夏古谷一行らが共演。11月1日から全国東宝系で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース