柳楽優弥、合作映画「ターコイズの空の下で」に主演! 共演はモンゴルのスーパースター

2019年10月22日 10:00

第68回マンハイム・ハイデルベルク 国際映画祭に正式出品
第68回マンハイム・ハイデルベルク 国際映画祭に正式出品

[映画.com ニュース] 柳楽優弥が主演を務めた映画「ターコイズの空の下で」(英題:UNDER THE TURQUOISE SKY)が、ドイツで開催される第68回マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭(11月14~24日開催)のコンペティション部門に正式出品され、オープニング上映されることがわかった。

本作は、日本、モンゴル、フランスの3カ国による合作映画。日本での撮影に始まり、モンゴル・ウランバートルからアルハンガイ地区へと移動しながら、ロードムービーさながらの撮影が敢行された。柳楽が、大企業の経営者を祖父に持ち、自堕落な暮らしを送る青年タケシを演じる。またモンゴル・アカデミー賞で主演男優賞を3度受賞し、近年ハリウッドにも進出したモンゴルのスーパースター、アムラ・バルジンヤムが共演している。

大企業の経営者・三郎(麿赤兒)を祖父に持つタケシは、何不自由なく贅沢三昧な暮らしを送っていた。物語が大きく動き出すきっかけとなるのは、三郎の所有する競走馬を盗んだ罪で、モンゴル人の男アムラ(バルジンヤム)が逮捕されたこと。第二次世界大戦終了後、モンゴルで捕虜生活を送った三郎には、現地の女性との間に、生き別れとなった娘がいた。アムラとの出会いをきっかけに、三郎にモンゴルへと送り出されたタケシ。果てしなく広がるターコイズ色の空の下、言葉も通じず、価値観も異なるタケシとアムラのユーモラスな旅が描き出されていく。

詩的でユーモラスな二人旅を描き出す
詩的でユーモラスな二人旅を描き出す

メガホンをとったのは、欧米で米、仏、日、スペインの文化や言語を吸収しながら育ったパリ在住のアーティスト・KENTARO。ファインアートを学びながら俳優としてのキャリアをスタートさせ、「ラッシュアワー3」「キス・オブ・ザ・ドラゴン」やインディペンデント映画などに出演する一方で、音楽、ファッション、アート業界などでPVやドキュメンタリーを手掛けてきた。長編デビュー作ながら、キャスト、スタッフ一同がゲルで寝泊まりし撮影するという過酷な条件下、日本、モンゴル、フランス、オーストラリア、チリなどの多国籍チームをまとめ上げる手腕を発揮してみせた。

マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭は、ビム・ベンダースラース・フォン・トリアージム・ジャームッシュ青山真治をはじめ、数多くの新人監督の才能を見出してきた歴史ある映画祭。「ターコイズの空の下で」は、新人賞、タレント・アワード、国際映画批評家賞、エキュメニカル賞にノミネートされている。

ターコイズの空の下で」は、2020年公開予定。なお、11月26日からパリで開催される第14回KINOTAYO現代日本映画祭での特別上映も決定している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース