堤真一、“教え子”柳楽優弥のおねだりでハグも「なんやねん、これ」

2019年6月15日 16:31

「なんやねん、これ」
「なんやねん、これ」

[映画.com ニュース] 俳優の堤真一柳楽優弥らが6月15日、映画「泣くな赤鬼」の公開記念舞台挨拶を東京・バルト9で行った。堤は昨年夏の撮影を「改めて暑い夏を思い出し、若い人たちに交じっての仕事はいい経験になって、僕自身も成長できた」と万感の思いで振り返った。

高校の野球部監督で、末期がんを宣告された元教え子と向き合う役どころ。「中学は野球部で、その監督がめちゃくちゃ怖かった。ほんまに殴られたし、台本を読んでその先生をイメージして演じたので見ていただきたかったのですが、つい2カ月ほど前に亡くなってしまいました」としみじみ話した。

映画は14日に全国で公開されたが、「うちの社長が見に行ったら、10人くらいしかいなかったって言っていました。これは言うなっちゅう話ですね」と独りノリツッコミ。兼重淳監督から、ロケ地の群馬では「メン・イン・ブラック インターナショナル」「アラジン」を抑えトップスタートだったことを知らされると、「こういう人間を描く作品は、客があまり入らない。少しでも多くの方に見ていただきたいので、良かったと思った方は紹介してください」と訴えた。

公開を記念し、客席にゴム製のボールを投げ入れる“始球式”も実施し、キャッチした観客に登壇者全員のサイン入りボールを手渡し。その観客が竜星涼のファンだと聞くと「握手してもらい」とお節介を焼き、竜星も握手に加えハグもするサービスで応えた。

がん宣告を受ける元生徒役の柳楽は、「人間をしっかり描く作品に参加でき、堤さんと先生と生徒になれたことがうれしかった」と感慨深げ。そして「最後なので、ハグしてもらっていいですか」と堤におねだり。2人は壇上でしっかり抱き合ったが、堤は「なんやねん、これ」とツッコミ、照れることしきりだった。

この日はほかに柳楽の妻役の川栄李奈、柳楽と竜星の高校生時代をそれぞれ演じた堀家一希武藤潤も登壇した。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース