西島秀俊×西田敏行ら“善人ヤクザ”が笑顔で世直し! 噺家が軽妙に語る「任侠学園」新予告

2019年8月30日 17:00

新予告ナレーションを務めるのは、 噺家・林家彦いち
新予告ナレーションを務めるのは、 噺家・林家彦いち

[映画.com ニュース] 西島秀俊西田敏行がダブル主演を務める映画「任侠学園」の新予告編が公開された。噺家・林家彦いちの軽妙な語り口にのせ、社会奉仕がモットーで、笑顔が素敵な“善人ヤクザ”の魅力がたっぷり紹介されている。

倒産寸前の映画館や病院などの経営再建を試み、困っている人を放っておけない昔気質のヤクザを描いた、今野敏氏の人気小説「任侠」シリーズを映画化。本作では、特に根強い人気を集める「任侠学園」のエピソードを紡ぐ。西島と西田のほか、伊藤淳史葵わかな葉山奨之池田鉄洋佐野和真高木ブー佐藤蛾次郎桜井日奈子白竜光石研中尾彬生瀬勝久ら実力派俳優陣が共演した。

世直しが大好きで、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう性格の阿岐本組組長・阿岐本雄蔵(西田)。経営不振の仁徳京和学園高校を再建するべく、組長に振り回されてばかりのナンバー2・日村誠司(西島)が派遣される。しかし、ヤクザたちを学園で待ち受けていたのは、無気力無関心な高校生と事なかれ主義の教師たちだった。

予告編のナレーションを務めるのは、落語ブームの一端を担った創作話芸集団「SWA(創作話芸アソシエーション)」を結成した林家彦いち。“任侠”とは「庶民のために体を張るっていうなんとも義理堅い言葉でして」と説明し、「これはその任侠道を重んじて世直しをするヤクザのお話」と、まるで落語が始まるかのような語り口を披露する。「このヤクザ、皆さんが思っているような悪い奴らとはちょいと違うようでして」という言葉に続き、義理と人情に厚く不器用な阿岐本組、高校の生徒や教師ら曲者ぞろいの面々が次々と活写され、一筋縄ではいかない物語を予感させる映像が完成した。

任侠学園」は、9月27日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース