ディカプリオ「今日のファンは最高」、主演最新作ジャパンプレミアでご満悦

2019年8月26日 20:56

ファンサービスに努めた レオナルド・ディカプリオ
ファンサービスに努めた レオナルド・ディカプリオ

[映画.com ニュース] 米映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のジャパンプレミアが8月26日、東京・日比谷ステップ広場で行われ、来日中のクエンティン・タランティーノ監督、主演のレオナルド・ディカプリオらが参加した。

一足早く会場に到着したタランティーノ監督は、レッドカーペットの両サイドを埋め尽くしたファンと会話を交わしサインをするなど親日家ぶりを発揮。ステージ上から何度も投げキスを送り、「タラちゃん、ベリー・ハッピー」と快哉を叫んだ。

妻で歌手のダニエラ・ピックが妊娠したことを公表したばかりで、ファンから「おめでとう」の祝福を受けると、出産予定日は明かさなかったものの「もうすぐ小さなタラちゃんが生まれてくるよ」とご機嫌。そして、「映画、見てね~。ありがと~」と日本語で高らかにアピールした。

ディカプリオも、11回目の来日になるが「20年以上日本に来続けているが、その中でも今日のファンは最高。戻って来られてうれしい」と約550人のファンがしびれるコメント。タランティーノ監督とは12年「ジャンゴ 繋がれざる者」以来のタッグで、「一番良かったのは、監督と仕事ができたこと。キャラクターについていろいろと話すことができた」と感謝した。

1969年にハリウッドで起きた新進女優シャロン・テートの殺害事件をモチーフに、ディカプリオ演じる人気下降気味の俳優と、ブラッド・ピット扮する盟友のスタントマンの物語を融合させた人間ドラマ。初共演のピットについては、「俳優として素晴らしいのはもちろん、人間的にも余裕がありいろいろなものを与えてくれた」と振り返った。

タランティーノ監督も2人の共演を「世紀のクーデター」と表現。そして、「2人のシーンをファインダー越しにのぞいた時は、美しい映画館で見ているような映画的なマジックが起きた」と自信のほどを語った。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は、8月30日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com