「チャイルド・プレイ」過去シリーズから設定変更した理由は?監督が明かす

2019年7月19日 12:00

楽しい時間を過ごすアンディとチャッキーだが…
楽しい時間を過ごすアンディとチャッキーだが…

[映画.com ニュース] 傑作ホラーを新たな設定でよみがえらせた「チャイルド・プレイ」(公開中)の本編映像が披露された。持ち主であるアンディに対して、チャッキーの愛情がゆがみ始める瞬間をとらえている。

本作は、「チャイルド・プレイ(1988)」を元に、現代の殺人人形の恐怖を描く。友だちのいない少年アンディは、誕生日に最新AI技術を搭載したバディ人形をプレゼントされる。自らをチャッキーと名乗る人形と一緒に暮らすようになるが、次第に周辺で異変が起こり始める。

公開されたのは、アンディとチャッキーがボードゲームで遊びながら、友情を育むシーン。楽しそうなアンディだったが、飼い猫に腕をひっかかれ、血を流してしまう。猫への悪態を聞いたチャッキーの視線は、大切な親友を傷つけた猫へと向けられていき、この先の惨劇を予感させる不穏なシーンになっている。

過去シリーズと異なり、本作のチャッキーはアンディと会話し、遊ぶことで心を通わせ、本当の親友のような関係を築いていく。これまでと設定を変更した理由について、ラース・クレブバーグ監督は「観客が感情的につながることができる、とても表情豊かな人形が必要だったんだ。観客は世界を初めて見ることになる彼が、どう自分自身を表現するかを目にすることができる。彼の考え、彼の気持ちをね。だから、僕にとっては、そういった感情的な表現を演じられるようにチャッキーをデザインすることがとても重要だったんだよ」と説明する。

さらに、チャッキーの愛情がゆがみ始め、恐ろしい事態を引き起こしていくというストーリーについて「チャッキーが邪悪なのは、人間と関わり合い、人間の言動を学んでいるからだ。自身が良いと思うことをしたいにもかかわらず、衝動や限られた世界観に基づいた言動を取ってしまうんだよ。その内容が非常に現実的で、リアルなんだ」と語っている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース