「チャイルド・プレイ」監督×「13日の金曜日」脚本家がタッグ!「ドール・メーカー」7月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月9日 > 「チャイルド・プレイ」監督×「13日の金曜日」脚本家がタッグ!「ドール・メーカー」7月公開
メニュー

「チャイルド・プレイ」監督×「13日の金曜日」脚本家がタッグ!「ドール・メーカー」7月公開

2019年7月9日 18:00

連続殺人鬼“ドール・メーカー”「ドール・メーカー」

連続殺人鬼“ドール・メーカー”
(C)2018 SMCA 12, LLC All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「チャイルド・プレイ(1988)」のトム・ホランド監督と、「13日の金曜日(1980)」の脚本家ビクター・ミラーというホラー界の重鎮がタッグを組んだ映画「ドール・メーカー」が7月12日に公開されることが決定。あわせて予告編、ポスタービジュアル、場面写真8点が一挙にお披露目された。

処刑教室(1982)」の脚本を手掛け、「フライトナイト」のメガホンをとったホランド監督が、約21年ぶりに長編ホラー映画を手掛ける本作。歪なマスク姿の連続殺人犯“ドール・メーカー”として犯行を重ねていたピーター・ハリスの手口は、拉致、監禁した若い美女とじゃんけんをし、自分が勝ったら惨殺するという残酷なものだった。そして、被害者そっくりの人形を仕立て上げてコレクションしていくという特徴があった。精神病院の治療を終え、退院したピーターだったが、過去の忌まわしい記憶に苛まれ、心は再び闇の中へと沈んでいく。

予告編では、過去が染みついた家に戻ったピーターが、束になった人形や、地下室に閉じこめられた女性を発見するさまを切り取った。「最も残酷な殺人鬼復活」という言葉に導かれるように、ピーターがドール・メーカーとして再び覚醒していくさまをスリリングに映し出している。

ポスタービジュアルには、チェーンソーを背負ったドール・メーカーの恐ろしい姿に「僕たちのお人形になってくれる?」という戦慄のコピーが添えられている。さらに場面写真には、人形そっくりにメークを施された、悲痛な表情を浮かべる女性たちがおさめられ、ドール・メーカーの残忍な犯行の一端を垣間見ることができる。

ドール・メーカー」は、7月12日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開。

(映画.com速報)
チャイルド・プレイ[Blu-ray/ブルーレイ] チャイルド・プレイ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,888 悪意を持つ人形に襲われる母子の恐怖を描くホラー映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報