吉川晃司、笑顔でクランクアップ!「ある町の高い煙突」メイキング映像公開

2019年6月21日 11:00

新田次郎の小説を映画化した
新田次郎の小説を映画化した

[映画.com ニュース] 昭和の文豪・新田次郎の小説を映画化した「ある町の高い煙突」から、吉川晃司がクランクアップする瞬間をとらえたメイキング映像が公開された。

約100年前の茨城県日立市で、鉱山会社とその煙害に苦しむ住民が対立の末に協力し、世界一高い煙突を建設した史実を描く。祖父の遺志を継ぎ、煙害と闘う主人公・関根三郎を井手麻渡、日立鉱山の社長・木原吉之助を吉川が演じている。

クランクアップを迎えた吉川は「演じさせていただいて、うれしかったし楽しかったです。ありがとうございました!」と挨拶。まだ撮影が続く主演の井手に「頑張ってね」とエールを送り、固い握手を交わした。

井手が「うちのおふくろが(吉川の)大ファンで……」と告白すると、吉川は「なんだよそれ!」と笑顔に。吉川の撮影終了後に打ち明けようと思っていたという井手は「吉川さんの曲をかけながら晩飯作ってるような母ちゃんだったので、役者始めて10年間、迷惑かけっぱなしだったんですけど、初めて親孝行が吉川さんのおかげでできました。ありがとうございます」と感謝を伝えた。

ある町の高い煙突」は渡辺大小島梨里杏らも出演。6月22日から東京・有楽町スバル座ほかで全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース