「スター・ウォーズ」ランドの次は「マーベル」ランド? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月17日 > 「スター・ウォーズ」ランドの次は「マーベル」ランド?
メニュー

「スター・ウォーズ」ランドの次は「マーベル」ランド?

2019年6月17日 17:21

次は「マーベル」ランド?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

次は「マーベル」ランド?
(C)2019 MARVEL
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アナハイムのディズニーランドに「スター・ウォーズ」ランドこと「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」をオープンさせたウォルトディズニーが、早くも「マーベル・ランド」の準備に取りかかったと、米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、「スター・ウォーズ」を題材にしたテーマランドで、ディズニーパーク史上最大となる敷地面積14エーカー(約5.6ヘクタール)を誇る。広大な敷地にはバトゥーという惑星の港町が作られ、ゲストは「スター・ウォーズ」世界を歩きまわることができる。さらに、ミレニアム・ファルコンを操縦する「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(原題)」、ファースト・オーダーとの戦いを体験できる「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(原題)」という二つのアトラクションが用意されている。米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにある「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は既にオープンしており、米フロリダ州オーランドにあるディズニーワールド内の「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は8月29日にオープン予定だ。

だが、これでディズニーランドの拡張は終わらないようだ。米カリフォルニア州アナハイムが、小売店、マイクロブルワリー、キャラクターとの交流エリアなどの建設許可を出したことが明らかになった。これらはディズニーランドに隣接するカリフォルニア・アドベンチャー内に建設予定で、1400万ドル以上の建設費が見込まれている。

カリフォルニア・アドベンチャーでは、2017年に「タワー・オブ・テラー」を改修した「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のアトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ミッション:ブレイクアウト」をオープンさせている。また、ピクサー映画「バグズ・ライフ」をテーマにした「バグズ・ランド」を昨年9月に閉鎖し、新アトラクションの建設を行なっていることから、「マーベル・ランド」に差し替えられるものと見られている。

「マーベル」ランドの全容については、米アナハイムで8月23~25日に行われるディズニーファンのためのイベント「D23 EXPO」で発表されるものと見られている。

(映画.com速報)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,456 全員が犯罪歴をもつお尋ね者たちがチームを組み、銀河滅亡の危機を阻止する戦いに巻き込まれていく姿を描いたマーベルコミックの映画化作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報