竹中直人、過去のサーファー役は「吹き替え」と暴露

2019年5月31日 12:30

故大杉漣さんが主演したサーフィン映画が公開
故大杉漣さんが主演したサーフィン映画が公開

[映画.com ニュース] 故大杉漣さんが主演したサーフィン映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード」(2005)の続編「ライフ・オン・ザ・ロングボード2nd Wave」が5月31日、全国12スクリーンで封切り。東京・新宿バルト9で初日舞台挨拶が行われ、主演の吉沢悠馬場ふみか香里奈立石ケン森高愛松原奈佑南美沙竹中直人、前作に引き続きメガホンをとる喜多一郎監督が登壇した。

種子島の美しい海を舞台に、一度はすべてを失った天才サーファー・光太郎(吉沢)が、亡き恩人の娘やアルバイト先の病院長、海辺のレストランの女性店主、頑固な漁師らとの交流を通して、人生を取り戻す姿を描く。喜多監督は「テーマは一貫して人間再生。元気のない世の中だが、挫折で立ち直れないという人に、明日を笑顔で迎えられるヒントを与えられたら」と話していた。

サーファー役に挑んだ吉沢は「大杉さんが主演された前作が公開されたときには、中高年の皆さんの間で『また、サーフィンをやりたい』というムーブメントが起こったと聞いています。ぜひ、皆さんの力で、またビッグウェーブを起こしたい」とアピール。共演した泉谷しげるにサーフィンを教えるシーンについて「監督がすべてを任せてくれたので、どこかドキュメンタリー風で……。泉谷さんも『吉沢、サーフィン楽しいな』と言ってくださり、同じ気持ちを共有できた」と振り返った。

竹中は病院長を演じ、「役作り? そんなもの、ない。(撮影が)1年前だし、全然覚えていない。昨日のことも忘れちゃうんだから」ととぼけた表情。過去には別の作品で、プロのサーファー役を演じたこともあるが、「スポーツなんて全然できない。あのときも、ハワイから(自分に)似た人を呼んで、吹き替えでやってもらった。遠い昔のことは、覚えている」と暴露話で笑いを誘っていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース