吉沢悠、サーフィン歴23年の腕前を披露「鍛えた背筋を見てほしい」

2019年5月22日 15:53

人工の波の上を見事に滑る吉沢悠
人工の波の上を見事に滑る吉沢悠

[映画.com ニュース] 俳優の吉沢悠が5月22日、都内のスポーツ施設で行われた主演映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」の公開イベントに出席。劇中で披露しているサーフィンのデモンストレーションを行った。

17歳からサーフィンをしている吉沢だが、才能に恵まれたサーファー役とあって千葉と伊豆で五輪候補選手らに交じって合宿を敢行。クランクインの1カ月前にロケ地の種子島に入り、徹底的に乗り込んだ。

喜多一郎監督からも「どれくらい鍛えられるの?」と聞かれ、「ハードルが高いなと思った」と苦笑い。それでも、「ウエイトトレーニングでは付く筋肉が違うので、自重トレーニングをした。サーフィンは背筋が大事なので、スクリーンで鍛えた背筋を見てほしい」とアピールした。

この日も朝から練習を重ね、慣れない人工の波の上を見事に滑る腕前を披露。日本代表強化指定選手で16歳の天才サーファーと呼ばれる脇田紗良から花束を贈られ、「撮影でサーフィンの違った楽しさも知ることができた。今はショートボードに変えていますが、できる限り続けていきたい」と笑顔で話した。

ヒロインの馬場ふみかも、サーフィンをするシーンがあるが「私は見る専門で。撮影で地元の方がサーフィンをしている姿を見て格好いいと思ったので」と照れ笑い。撮影のために自動車の運転免許を取得したことを明かし、「2週間くらいで詰め込んで取ったので、必死で運転しているところを見てほしい」と訴えた。

イベントにはほかに松原奈祐、南美沙も出席。歌手のTEEはミニライブを行い、主題歌「UMI」など2曲を披露した。

ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」は、故大杉漣さんが主演した05年「ライフ・オン・ザ・ロングボード」の世界観を受け継いだ第2章。夢に挫折しその日暮らしを続けるサーファーが、かつてサーフィンを学んだ種子島に戻り、老人たちにサーフィンを教えることで人生の活路を見いだしていく物語。5月31日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース