シルベスター・スタローンが主演映画「コブラ」をドラマ化

2019年5月28日 11:00

カンヌ映画祭で発表
カンヌ映画祭で発表

[映画.com ニュース]シルベスター・スタローンが先日、シリーズ完結編「ランボー5」のためカンヌ国際映画祭でマスコミ取材に応じ、1986年の刑事アクション映画「コブラ」をテレビシリーズ化するプランを明かした。

スタローン脚本・主演の「コブラ」(ジョルジ・パン・コスマトス監督)は、ナイトスラッシャーと呼ばれるカルト集団による虐殺事件が続発するなか、その凶行を目撃したモデルが命を狙われ、ロス市警の凄腕刑事コブラが彼女の護衛をしながら犯人たちと死闘を繰り広げる。モデル役を当時のスタローンの妻ブリジット・ニールセンが演じた。

米Deadlineによれば、「コブラ」に関する質問に対しスタローンは「あいつはブルース・スプリングスティーンが銃を持ってるみたいな男だったろ? ロックンロールとドラマをミックスした作品だった。あれは続編が作られるべきだったよ。あのキャラクターは最高にクールだったのに、俺がチャンスをふいにした。俺の私生活の問題が邪魔してしまったんだ」と答えた。

しかし、映画のシリーズ化は実現しなかったが、スタローンには「コブラ」を復活させる秘策があるようで、「テレビシリーズとして配信できないか検討しているんだ。またゾンビ集団を登場させる。もう俺はとうにいなくなっている設定だけど、とてもいいアイデアなんだ」と語った。

スタローンは、「ランボー 最後の戦場」(2008)から11年ぶりとなる主演シリーズ第5作「Rambo: Last Blood(原題)」が、9月20日に全米公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース