スタローンが「クリード チャンプを継ぐ男」続編の監督を降板

2018年1月5日 12:00

2018年11月の全米公開予定
2018年11月の全米公開予定

[映画.com ニュース] 「クリード チャンプを継ぐ男」の続編で自らメガホンをとることになっていたシルベスター・スタローンが監督を降板したことが明らかになった。

スタローンは自らのインスタグラムで、「アドニス・クリードというキャラクターは新しい世代を反映している。だからこそ、彼の世代の監督が指揮をとることが重要だ」と明言。さらに「幸運にも、スティーブン・ケープル・Jr.という新たな才能が監督を引き継いでくれることになった。彼はこの物語を可能な限り共感できるものにしてくれるはずだ。マイケル・B・ジョーダンと2人で、ノックアウトしてくれる映画を届けてくれるはずだ」と話している。

スティーブン・ケープル・Jr.はインディペンデント映画「ザ・ランド(原題)」で注目を集めた新鋭。前作を手がけたライアン・クーグラー監督も、インディペンデント映画「フルートベール駅で」で注目を集めたことがきっかけで抜擢された経緯がある。

クリード チャンプを継ぐ男」の続編は、2018年11月の全米公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース