「MIB」英ロンドンの撮影現場に潜入!スペースガンでエイリアン打ちまくる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月17日 > 「MIB」英ロンドンの撮影現場に潜入!スペースガンでエイリアン打ちまくる
メニュー

「MIB」英ロンドンの撮影現場に潜入!スペースガンでエイリアン打ちまくる

2019年5月17日 11:00

この日のハイライトはバトルシーン!「メン・イン・ブラック インターナショナル」

この日のハイライトはバトルシーン!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィル・スミストミー・リー・ジョーンズによる大人気SFコメディ「メン・イン・ブラック」シリーズが、新たなキャストを迎えてカムバックを果たした。シリーズ第4弾となる新作「メン・イン・ブラック インターナショナル」は、クリス・ヘムズワース扮するエージェントHと、テッサ・トンプソン演じる新女性エージェントMのコンビが、組織内に潜むスパイを追跡し、地球の存亡をかけた戦いを繰り広げる。映画.comでは2018年、英ロンドンのリーブスデン・スタジオで行われた撮影に潜入する機会を得た。(取材・文/佐藤久理子)

広大なスタジオのセットには、MIBの近未来的なロンドン支部、伊イタリアの島に見立てた別荘、仏パリのエッフェル塔の先端部分など、いくつもの壮観なセットが組み立てられている。新作はそのタイトルからも察せられる通り、これまでのシリーズに比べてぐっと規模が大きく世界的になっているのだ。

物語は、ニューヨーク支部に採用されたMがロンドンに派遣され、そこでロンドン支部の大物ハイT(リーアム・ニーソン)の指示によりHとコンビを組むことになる。Hは腕は立つもののかなりお調子者で、優等生のMとは凸凹コンビ。そんなふたりはMIB内に潜むスパイを追跡し、モロッコの砂漠からナポリ沖の小島、最後はエッフェル塔まで、世界中を股にかけてエイリアンと戦う。


画像2

[拡大画像]

この日のハイライトは、予告編にも登場する、エージェントMとHが街中で敵のエイリアンと対峙するバトルシーンだ。変貌自在の見たこともない手強いエイリアンを相手にしたふたりは、スペースガンを手に打ちまくる。MがMIB仕様の黒いジャガーのサイドミラーをスライドさせると最新兵器のスペースガンがずらりと現れ、一方のHは車のバンパーの横から銃身を取り出し、弾倉が収納されたホイールを取り出してスーパーガンを組みたて打ちまくる。監督から「カット!」の声がかかった後も、興奮したヘムズワースの声がスタジオに響き渡り、見ているだけで熱気が伝わって来る。

ワイルド・スピード ICE BREAK」などアクション映画を手掛けてきたF・ゲイリー・グレイ監督によれば、今回はシリーズ中で最もアクションが派手なものになっているという。砂漠をバイクでぶっ飛ばすヘムズワースは、危険なスタントシーン以外は、自分で乗りこなしていたようだ。「クリスのキャラクターはすごく面白くて、コメディの要素もあるんだ。本作はスーパーヒーローものとはちょっと異なり、ファニーでクール。最新のガジェットや新たなエイリアンもたくさん出てきて、一段とバージョンアップされている。それに女性のMIBエージェントというのが、すごく今っぽいだろう。テッサは抜群のアクションセンスがあるから、そこも見どころだよ」とグレイ監督。確かにふたりの掛け合いを見ているだけで、アドレナリンが沸き上がってくるようだ。果たしてどのような仕上がりになるのか、全貌を目にする日が待ち遠しい。

(映画.com速報)
メン・イン・ブラック[Blu-ray/ブルーレイ] メン・イン・ブラック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を担当、ローウェル・カニンガムのコミックをもとに地球上に存在する宇宙人を監視する秘密組織「MIB(メン・イン・ブラック)」の活躍を描くSFアクションコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報