「アベンジャーズ」ジェレミー・レナー、好きなマーベルヒーローは?「正直…」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月20日 > 「アベンジャーズ」ジェレミー・レナー、好きなマーベルヒーローは?「正直…」
メニュー

「アベンジャーズ」ジェレミー・レナー、好きなマーベルヒーローは?「正直…」

2019年4月20日 11:00

「アベンジャーズ エンドゲーム」のキャスト、スタッフら(写真はファンイベントの模様)「アベンジャーズ エンドゲーム」

「アベンジャーズ エンドゲーム」のキャスト、スタッフら(写真はファンイベントの模様)
(C)2019 Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]シリーズ完結編「アベンジャーズ エンドゲーム」プロモーションのため訪韓したジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ブリー・ラーソン(キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル)、監督を務めるアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が4月15日、ソウル市内のホテルで、現地のインフルエンサーたちと対面を果たした。

今回、初めての訪韓を果たしたラーソンは「長年憧れた土地なので、ここにいられるのが夢のよう。空港でも温かい歓迎を受けた」と感激しきり。「まだ、韓国語はカムサハムニダ(ありがとう)しか知らないの。何か覚えておいたほうがいいフレーズはある?」と質問し、ある女性ファンが「ぜひ、サランヘヨ(愛している)を覚えて」と伝える場面もあり、ラーソンは同日夜に開催されたファンイベントで早速、約4000人を前に「サランヘヨ」を披露した。

一方、好きなマーベルヒーローは誰かと問われたレナーは「正直、選べないな。一番好きな子どもを選ぶようなものだからね」とにんまり。「僕にとっても、クリントにとっても、娘は大きな原動力なんだ」と自身と役柄を重ね合わせ、父親としての素顔をのぞかせた。

韓国では4月24日から公開される本作について、ラーソンは「多くは語れませんが、型にはまらない、とても内容が濃い作品。サプライズがたくさん詰まっているので、公開後、また皆さんとお話ができれば」と期待感。レナーも「僕も含めたファンの皆さんにとって、楽しめる作品になっている」とアピールした。

また、「もう少しで、世界中の皆さんがこの作品を見るという事実に興奮している。ぜひ、特別な時間を共有できれば」(アンソニー)、「兄と僕は子どもの頃、『スター・ウォーズ』にとても共栄を受けた。僕らがマーベル作品に取り組むのも、当時味わった気持ちを再現したかったからなんだ」(ルッソ)と前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に続き、メガホンをとる兄弟監督も絶対の自信を示していた。

アベンジャーズ エンドゲーム」は4月26日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報