全力で、恋した時間は、永遠なんだ――「銀杏BOYZ」の楽曲が彩る「いちごの唄」予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月14日 > 全力で、恋した時間は、永遠なんだ――「銀杏BOYZ」の楽曲が彩る「いちごの唄」予告完成
メニュー

全力で、恋した時間は、永遠なんだ――「銀杏BOYZ」の楽曲が彩る「いちごの唄」予告完成

2019年4月14日 14:00

古舘佑太郎と石橋静河のダブル主演作「いちごの唄」

古舘佑太郎と石橋静河のダブル主演作
(C)2019「いちごの唄」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸と、脚本家・岡田惠和氏がタッグを組んだ映画「いちごの唄」の予告編とポスタービジュアルが、このほどお披露目された。

岡田氏と峯田が発表した「いちごの唄」は、小説化と映画化を同時に進行。岡田氏は「銀杏BOYZ」の楽曲からインスパイアされたオリジナルストーリーを紡ぎ、峯田は小説にイラストを提供するだけでなく、映画への出演も果たすことになった。古舘佑太郎石橋静河がダブル主演を務める本作は、1年に1度訪れる親友の命日に“逢うこと”を約束した男女の恋を描く。

ポスタービジュアルは、赤い花が咲く野原に横たわった笹沢コウタ(古舘)と天野千日(石橋)の姿とともに「全力で、恋した時間は、永遠なんだ。」というキャッチコピーが添えられている。2人の絶妙な距離感は、年に1度、親友・伸二の命日でもある七夕にしか会えないという関係性を表現しているかのようだ。

予告編は、コウタが伸二の命日である7月7日に、高円寺で同級生の千日と偶然再会するシーンからスタート。かつて伸二とともに“天の川の女神だから、あーちゃん”と呼んでいた憧れの人との再会に「また会えないかな!」と勇気を振り絞って提案するコウタ。「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また」という千日の言葉から“1年に1度だけの再会”が始まる。環七通りを散歩する2人の楽しそうな姿――だがある時、千日は「伸二君は、私のせいで死んだ」という過去の秘密を告白し、コウタの前で涙を見せる。

「あなたはあーちゃんを守れますか? それができないなら、それは恋じゃないでしょう!」「僕は幸せだと思うんだよね。片思いだけど恋をしているから」というコウタのセリフからもエモーショナルな作品を期待させる「いちごの唄」。映像には「銀杏BOYZ」の「漂流教室」「ぽあだむ」といった恋と友情を歌う名曲のほか、峯田が本作のために書き下ろした主題「いちごの唄」も使用されている。

いちごの唄」には、和久井映見光石研清原果耶恒松祐里、しゅはまはるみ、蒔田彩珠吉村界人岸井ゆきの宮本信子らも出演。7月5日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報