【R18+】4つの人格が共存するヒロイン…中田秀夫の官能ホラー「殺人鬼を飼う女」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月5日 > 【R18+】4つの人格が共存するヒロイン…中田秀夫の官能ホラー「殺人鬼を飼う女」本編映像
メニュー

【R18+】4つの人格が共存するヒロイン…中田秀夫の官能ホラー「殺人鬼を飼う女」本編映像

2019年4月5日 17:00

4人の女優が一人の女性を演じる「殺人鬼を飼う女」

4人の女優が一人の女性を演じる
(C)2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]大石圭氏の同名エロティックホラー小説を「リング」「スマホを落としただけなのに」の中田秀夫監督のメガホンで映画化した「殺人鬼を飼う女」の本編映像の一部が公開された。

ビストロで働く美しいギャルソンのキョウコは、幼い頃に義父から受け続けた性的虐待により、3つの人格が共存していた。キョウコを愛するレズビアンの直美、ビッチなゆかり、そしてあの頃の小学生のままのハル……キョウコの中の彼女たちは辻褄を合わせ、互いに支え合っていた。しかし、マンションの隣人が憧れの小説家と知ったキョウコが恋心を抱いたことをきっかけに、今まで感じたことのない歪みを覚えるようになる。

タブーなどにとらわれない先鋭的な作品を送り出す「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第1弾作品。さまざまな人格を持つ主人公キョウコ役に飛鳥凛、別人格である直美を大島正華、ゆかりを松山愛里、ハルを中谷仁美と4人の女優が一人の女性を演じる。

このほど公開された映像「私のなかの私編」は、仕事帰りのキョウコが夜道を歩いていると、キョウコから分身するかのように三人の人格が現れる。まるで仲の良い女友達同士が大笑いするようなごくありふれた光景だが、すべてキョウコひとりの人格なのだ。そして、3人の人格が突如消え、キョウコが一人で歩く場面に転換。うつむきながら不安げな表情で歩くキョウコの孤独を映し出した、その後の展開が気になるシーンとなっている。

殺人鬼を飼う女」は(R18+指定)4月12日から全国で公開される。

(映画.com速報)
スマホを落としただけなのに DVD[DVD] スマホを落としただけなのに DVD[DVD] 最安価格: ¥2,999 志駕晃の同名ミステリー小説を「リング」の中田秀夫監督のメガホン、北川景子の主演で映画化。
リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ] リング <Blu-ray>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,283 呪いのビデオを巡って展開する恐怖を描いたモダン・ホラー。監督は「暗殺の街」の中田秀夫。鈴木光司による同名ベストセラー小説を、「暗殺の街」の高橋洋が脚色。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報