若手俳優は鑑賞NG!? 山田孝之の完全密着ドキュメンタリー、4月27日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月29日 > 若手俳優は鑑賞NG!? 山田孝之の完全密着ドキュメンタリー、4月27日公開
メニュー

若手俳優は鑑賞NG!? 山田孝之の完全密着ドキュメンタリー、4月27日公開

2019年3月29日 17:00

2013~19年の活動に迫った「TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」」

2013~19年の活動に迫った
(C)2019・SDP/NPNG
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の山田孝之を5年強にわたり追いかけた長編ドキュメンタリー作品「TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『No Pain,No Gain』」が、4月27日から東京・新宿シネマカリテで限定公開されることが決定。山田は、今回の公開に際して「業界関係者は見ないでください。特に若手俳優は鑑賞してはいけません。担当マネージャーは厳しく言い聞かせてください」とコメントを寄せている。

本作は、山田が30歳を迎えた13年から直近の19年までの約5年間(=2045日)、長期にわたって撮影を敢行。所属事務所スターダストのグループ会社「SDP」が主導となり完全密着を試みた。「闇金ウシジマくん」シリーズを手がけた「SDP」と主演を務めた山田が、深い信頼関係を築いていたからこそ、実現したオフィシャルドキュメンタリー作品であり、制作にはテレビマンユニオンが参加している。

これまで“芝居”以外のメディア露出の際には、まるで“山田孝之”を演じているかのようだった山田。本心の読めないミステリアスさを醸し出し、その姿が視聴者の興味をそそってきた。だが、本作で活写されているのは、挑戦を続け、懸命に生き、苦悩を繰り返しながらも「人生を楽しもう」と必死にもがく様子。人生の節目を迎え、信念を貫く実直な“山田孝之”が映し出されている。

タイトルに使用されている「No Pain,No Gain」は、「痛みがなければ、得るものなし」という意味を持つ英語の慣用句。これは、山田が撮影期間中に何度も呟いていた「楽しむために、楽をしない」という言葉に由来している。

TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY『No Pain,No Gain』」は、テレビマンユニオンのディレクター・牧有太が監督、撮影、編集を担当。4月27日から新宿シネマカリテの1館限定で公開される。

(映画.com速報)
映画「闇金ウシジマくん」[DVD] 映画「闇金ウシジマくん」[DVD] 最安価格: ¥3,283 闇金融の世界をリアルに描いた真鍋昌平の人気漫画を、山田孝之主演で実写化したドラマの劇場版。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報