今石洋之×中島かずき「プロメア」5月24日公開決定 追加キャストに古田新太、ケンドーコバヤシ

2019年3月20日 14:30

“中島節”を知り尽くす古田新太が出演
“中島節”を知り尽くす古田新太が出演

[映画.com ニュース]「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督と劇作家・脚本家の中島かずきが再タッグを組み、「キルラキル」のTRIGGERがアニメーション制作を担うオリジナル劇場アニメ「プロメア」が、5月24日に公開されることが決まり、追加キャストとして古田新太ケンドーコバヤシの出演が発表された。

今作は、全世界の半分が焼失した「世界大炎上」の30年後を舞台に、“燃える火消し魂”をもつ消防隊員ガロと宿敵リオの戦いを描くアクションドラマ。中島のラブコールで実現した、松山ケンイチ早乙女太一堺雅人が声優に挑戦するほか、TRIGGER作品に出演経験のある佐倉綾音吉野裕行稲田徹新谷真弓小清水亜美檜山修之小西克幸ら実力派声優陣が顔をそろえる。

謎に包まれた科学者デウス役を演じる古田新太は、中島が座付作家を務める「劇団☆新感線」に所属する35年来の盟友。中島から「今回難しい役だけどゴメンね」と言われて台本を読んだ古田は、「正にかずきさんの脚本らしく、でした。小難しい言葉がいっぱいあって(笑)汗だくで演じさせていただきました。皆様、劇場で一緒に燃え上がりましょう!」と役への手ごたえを熱く語っている。

劇場アニメの声優経験があるケンドーコバヤシが今作で演じるのはネズミのビニーというキャラクターで、コバヤシいわく「セリフが無い(笑)」役だという。「26年の芸歴の中で初めての経験でした! どうなったかは劇場で確かめてくださいね!」と話しているが、一方の今石監督からは「ケンコバさんのビニーはセリフが本当に面白いので是非とも楽しみしてください!」とのコメントも寄せられている。また、中島からは、「古田くんもケンコバさんも、かなり飛び道具な役でお願いしています」とキャスティングの理由も明かされた。

あわせて、マトイを手にしたガロ(松山)を中心に、バーニングレスキューの面々やマッドバーニッシュのリーダー・リオ(早乙女)、ガロの上司であるクレイ(堺)が写し出されたキービジュアルも披露された。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース