今石洋之×中島かずき「プロメア」声優に松山ケンイチ&早乙女太一&堺雅人 5月に公開決定

2019年1月23日 07:00

実力派俳優3人が声優を担当
実力派俳優3人が声優を担当

[映画.com ニュース] テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督と脚本家・中島かずきが再タッグを組み、「キルラキル」のTRIGGERがアニメーション制作を担うオリジナル劇場アニメ「プロメア」が5月に公開されることが決まり、主要キャストが一挙発表された。俳優の松山ケンイチ早乙女太一堺雅人が声優に挑戦するほか、TRIGGER作品に出演経験のある佐倉綾音吉野裕行稲田徹新谷真弓小清水亜美檜山修之小西克幸らが出演。あわせて、第2弾PVと新ビジュアルも披露された。

今石監督と中島のコンビがオリジナルの劇場長編アニメに初挑戦した本作は、“燃える火消し魂”を持つ消防隊員ガロと宿敵リオの戦いを描く。炎を操る人種バーニッシュが引き金となり、全世界の半分が焼失した未曾有の事態「世界大炎上」から30年後、攻撃的な一部の人々が「マッドバーニッシュ」を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員ガロは、マッドバーニッシュのリーダー・リオと熱き魂をぶつけ合っていく。

TRIGGER常連声優も多数出演
TRIGGER常連声優も多数出演

ガロ役の松山、リオ役の早乙女がダブル主演を務め、ガロの上司のクレイ役を堺が担当する。松山は「僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせていただきました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館でぜひとも体験してください!」と言葉に力を込め、早乙女も「炎を操る人種<マッドバーニッシュ>のリーダー、リオはクールな中にも熱い魂を宿した男です。映画も冒頭から熱さ全開の作品となってます」と熱弁。堺は、自身の役どころを「クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ……これ以上はまだ言えません(笑)」と明かしている。

実力派俳優3人の出演は、「劇団☆新感線」の座付作家である中島のラブコールで実現した。中島は、「松山さん、早乙女さん、堺さんは僕が脚本を書いている〈劇団☆新感線〉の独特のリズム等を理解してくれている方たちなのでまさに第一希望が通った!という感じです(笑)。 松山さんは元々『グレンラガン』等を見ていて『大好きだ!』と話してくれていたので僕もうれしいです!」と喜びを述べ、今石監督は「今回のキャスティングは本当にはまりました。松山さんの熱い演技は圧巻でしたし、早乙女さんは第一声で、まさにリオ! でした。堺さんもさすがのセリフ回しでアフレコ現場も非常に楽しかったです。またTRIGGER作品おなじみのキャストさん達にも注目してください!」とアピールしている。

公式YouTube(https://youtu.be/RzFFaLB6fHw)で公開中の第2弾PVは、ガロが「燃えていいのは魂だけだ!  燃えて消すのが俺の流儀だ!」と啖呵を切る場面など、声優陣の熱い演技を収録。新ビジュアルは、にらみ合うガロとリオの姿が配されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース