女優とのスキャンダル発覚で、ワーナー・ブラザースCEOが辞任 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月20日 > 女優とのスキャンダル発覚で、ワーナー・ブラザースCEOが辞任
メニュー

女優とのスキャンダル発覚で、ワーナー・ブラザースCEOが辞任

2019年3月20日 15:30

ケビン・ツジハラ氏「アクアマン」

ケビン・ツジハラ氏
Photo by Steve Granitz/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ワーナー・ブラザースの会長兼CEO(最高経営責任者)を務めるケビン・ツジハラ氏が辞任を発表した。

ことのきっかけは、3月6日に米ハリウッド・レポーターがツジハラ氏とイギリス女優シャーロット・カークさんとの不適切な関係を暴露する記事を掲載したことだ。

オーストラリアの富豪ジェームズ・パッカー氏の紹介で、当時21歳だったカークさんはツジハラ氏に接近。流出した当時のテキストメッセージやメールによれば、性的関係を持ったカークさんは、その後、映画やテレビドラマへの出演をツジハラ氏に執拗に求めるようになった。

2015年、カークさんは以下のメッセージをツジハラ氏に送信している。「あなたが忙しいのは分かっている。でも、あのホテルでセックスしたときに、助けてくれると約束してくれたじゃない。無視されると、利用されただけのように感じてしまう。あのとき約束してくれたように、ちゃんと助けてくれるの?」

それに対して、ツジハラ氏は「そのように感じているのならすまない。今夜リチャードに連絡させる」と返答。リチャードとは、ワーナー傘下ニューラインで当時、制作部長を務めていたリチャード・ブレナー氏のことだ。その後、カークさんはワーナー作品の「ワタシが私を見つけるまで」と「オーシャンズ8」に端役として出演しているが、ツジハラ氏は彼女の起用に直接関与していないと主張している。

このスキャンダルを受けて、親会社のワーナーメディアはツジハラ氏が行動規範に反していないか調査を開始。しかし、その結果を待たずして、3月18日にツジハラ氏は辞任を発表した。米Deadlineが入手した社員宛のメールにおいて、ツジハラ氏は以下のように辞任の理由を説明している。「過去1週間半にわたり、自分の過去に対する注目が、この会社の未来にどのような影響を及ぼすのか考えてきました。長い自省と、(ワーナーメディア会長)ジョン・スタンキー氏との話し合いの結果、私が会長とCEOの座を降りることが、ワーナー・ブラザースにとって最良であるとの結論に至りました」

ツジハラ氏は2013年3月、アジア系アメリカ人としてはじめてハリウッドのメジャースタジオのトップに就任。「ファンタスティック・ビースト」シリーズやDC映画「ワンダーウーマン」、「アクアマン」といったヒットを生みだしてきた。多様性を押し進め、新たなビジネスを開拓するなどのリーダーシップが評価されていただけに、今回のニュースに多くの社員が落胆しているという。

(映画.com速報)
【初回仕様】オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,895 スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報