デビッド・フィンチャー、SXSWで自身プロデュースのアニメを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月12日 > デビッド・フィンチャー、SXSWで自身プロデュースのアニメを語る
メニュー

デビッド・フィンチャー、SXSWで自身プロデュースのアニメを語る

2019年3月12日 15:30

(左から)デビッド・フィンチャーとティム・ミラー「デッドプール」

(左から)デビッド・フィンチャーとティム・ミラー
Dan Kninghton
[拡大画像]

[映画.com ニュース]テキサス州オースティンで開催中の、テックと映画と音楽の祭典サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)に、3月10日、デビッド・フィンチャー監督(「セブン」「ファイト・クラブ」)と、ティム・ミラー監督(「デッド・プール」)が、2人のプロデュース作品のために駆けつけた。

彼らが共同でプロデュースを手がけたのは「Love, Death, & Robots」という、SFとディストピアがテーマのアニメ・アンソロジーで、Netflixで3月15日から独占配信される。シリーズのクリエイターも務めるティム・ミラーが世界中のアニメーションスタジオをリクルートして制作した18作品の中から、この日、6作品がワールドプレミア上映された。

上映後、デビッド・フィンチャーティム・ミラーがティーチインを行ったが、その中でフィンチャーは「なぜ、このシリーズは Neflix制作なんですか?」と問われ、「各作品のランニングタイムが、自由であることが好きなんだ」答えた。「ハウス・オブ・カード」などですでにNetflixで実績豊かなフィンチャーは、「『このシリーズはどんな内容なの?』と聞かれても、『とにかくカッコいいものなんだ』としか答えられない。こういうアイディアを、映画スタジオで実現させるのは難しいからね」と続けた。

ティーチインの後、Netflix主催のアフターパーティーが行われ、観客たちは無料のフードとドリンクを、フィンチャーやミラーたちと一緒に楽しんだ。

(映画.com速報)
セブン[Blu-ray/ブルーレイ] セブン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥952 独特のビジュアルセンスとダークな物語が話題を呼んだ戦慄のサスペンス・スリラー。
デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] デッドプール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,026 マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報