「とよはし映画祭2019」開幕! 療養中の園子温監督、愛情たっぷりのエールで祝福 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月8日 > 「とよはし映画祭2019」開幕! 療養中の園子温監督、愛情たっぷりのエールで祝福
メニュー

「とよはし映画祭2019」開幕! 療養中の園子温監督、愛情たっぷりのエールで祝福

2019年3月8日 21:30

豪華登壇陣とともに、華やかに開幕!

豪華登壇陣とともに、華やかに開幕!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督がディレクターを務める「ええじゃないか とよはし映画祭2019」が3月8日、愛知・豊橋の穂の国とよはし芸術劇場PLATで開幕した。オープニングセレモニーには、アンバサダーの松井玲奈をはじめ、オープニング作品「家族マニュアル」の平田満、上映作品である「娼年」の三浦大輔監督と猪塚健太、「恋のクレイジーロード」の白石晃士監督と田中俊介(「BOYS AND MEN」)、プロデューサーの森谷雄らが登壇した。園監督は2月に心筋梗塞で倒れ、現在療養中。来場は叶わなかったが、ビデオメッセージを通して、手術後初めて公の場で元気な姿を見せた。

今年で3回目となる同映画祭は、豊橋でロケをした作品、愛知出身のキャストやスタッフが関わった作品など、ゆかりの深い作品を特集上映する。ビデオメッセージの冒頭で、園監督は「このたびは僕の体のことで、皆さんにご心配をお掛けしました。無事退院して、今は自宅で療養中です。本来なら豊橋にはぜひ行きたかったんですけど……、映画祭にうかがえなくてすみません」といい、「今回の映画祭の成功をあつくあつく祈っております。皆さんぜひぜひ、盛り上がって楽しんでください!」と愛情たっぷりのエールをおくる。そして、「僕はこれからも作品づくりに励んでいきます。来年こそニコラス・ケイジを連れて、僕のハリウッド映画デビュー作を映画祭で上映したいと思います」とコメントを寄せ、最後に「とよはし映画祭、万歳!」と締めくくった。

3年連続のアンバサダーとなる松井は「本当に今年はお客様が多いですね! すごい!」と目を輝かせ、「どんどん年を重ねるごとに、この映画祭が浸透していってるなと思いますので、今年も盛り上げて行きたいと思います!」と意気込む。平田は「このPLATの舞台には、お芝居では何度か立たせていただいたんですけど、まさか映画祭でここに立つとは思ってもみませんでした」と感無量の様子で、「映画や映像がこの地に根付いていってくれればと思います」と願いをこめた。


元気な姿を見せた園子温監督

元気な姿を見せた園子温監督
[拡大画像]

セレモニーに引き続き上映された、もう1つのオープニング作品「クソ野郎と美しき世界」のトークショーには、出演した満島真之介馬場ふみか冨手麻妙が登場。満島は「豊橋ロケでは、馬場ちゃんと一緒に街を走りまくって。“ただ走りに来た人たち”みたいになってた。大河ドラマ『いだてん』よりも走ってました!」と振り返る。その言葉に大きくうなずいた馬場は「園監督から『路面電車と同じスピードで走れ』って言われたんですよ」と、ムチャぶりを暴露。「ほとんど下着みたいな恰好で、洋服を着させてもらえなかった。でも、自己ベスト出ました」と明かし、会場を沸かせた。

さらに、園監督作品の助監督の経験がある満島は「(助監督として参加した)『ちゃんと伝える』は全編豊橋と豊川で撮影したんです。その頃はまだ、豊橋がたくさんの映画やドラマのロケ地になる前で。僕は(撮影の準備のために)商工会議所に毎日通って……」としみじみ。そして「数年経って戻ってきたらここは『映画の街なんで』みたいになってて、びっくりしました」と驚きを語り、最後に「沖縄から出てきて、本当に豊橋の方たちにお世話になって、たくさんの親たちがいるという感覚になった。豊橋に10年分の愛情をもらっているという感じです。僕の映画の故郷は豊橋。来年もまた来ますから!」と熱弁し、会場は温かな拍手に包まれた。

「ええじゃないか とよはし映画祭2019」は、3月10日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報