市原隼人×鈴木伸之×飯豊まりえ×齊藤なぎさ主演のオムニバス映画 4組のアーティスト結集 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月21日 > 市原隼人×鈴木伸之×飯豊まりえ×齊藤なぎさ主演のオムニバス映画 4組のアーティスト結集
メニュー

市原隼人×鈴木伸之×飯豊まりえ×齊藤なぎさ主演のオムニバス映画 4組のアーティスト結集

2019年2月21日 10:00

メインビジュアルもお披露目!「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」

メインビジュアルもお披露目!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 市原隼人鈴木伸之(「劇団EXILE」)、飯豊まりえ齊藤なぎさ(「=LOVE」)が主演を務めるオムニバス映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」が、2019年に公開されることがわかった。既に発表されていた鈴木主演「時々もみじ色」の主題歌を手掛けるBENIをはじめ、ハジ→みゆな、moumoonという4組のアーティストが、4つの物語を彩る楽曲を書き下ろしている。

福岡・遠賀郡の芦屋町で「映画を作りたい」と願っていた同町役場の面々と、新木優子初主演映画「風のたより」を手掛けた向井宗敏監督が意気投合し、企画がスタート。芦屋町でのオールロケ撮影を敢行し、四季をテーマにした4つの物語が展開される。

映画初主演となる齊藤と宮世琉弥(「M!LK」)が共演する「ナツヨゾラ」は、幼なじみの男女をめぐるピュアなストーリーを、みゆなの楽曲とともに紡ぐ。密かに思いを寄せていた亘(宮世)が親の再婚によって町を出てしまうことを知った少女・ゆみ(齊藤)。ある日、2人は願いが叶う大きな花火にまつわる噂を耳にする。鈴木がボクシングに熱中する青年・大和を演じる「時々もみじ色」には、大和を導く安田役でモロ師岡が出演し、BENIが主題歌を担当する。

「冬のふわふわ」は、亡くなった父親の影響で東京に工房をオープンさせた革職人・綾子(飯豊)が、周囲には不評の自身のデザインと向き合う物語。袴田吉彦原日出子らが脇を固め、moumoonの楽曲が物語を包み込む。「桜咲く頃に君と」では、向井監督が主演を熱望したという市原が教師役を演じ、ハジ→が主題歌を担当。余命幾ばくも無い妻・真奈(平田薫)のために小学校を辞めた尚也(市原)は、残り少ない時間をかみしめるように大切に過ごしていた。しかし、元教え子が行方不明になったとの知らせが届く。

夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」には、ほか萩原護岩佐真悠子荒井敦史松田るか安井順平麻木玲那こくぼつよしが出演。3月23日に舞台挨拶付きの上映イベント、24日に4組のアーティストとともに上映ライブイベントを、ともに芦屋町で開催し、劇場公開は6月以降を予定している。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報