永野芽郁「キミツキ」撮影現場の床を“光り輝かせた”!? 北村匠海がその理由明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月19日 > 永野芽郁「キミツキ」撮影現場の床を“光り輝かせた”!? 北村匠海がその理由明かす
メニュー

永野芽郁「キミツキ」撮影現場の床を“光り輝かせた”!? 北村匠海がその理由明かす

2019年2月19日 21:45

永野芽郁と北村匠海のダブル主演作「君は月夜に光り輝く」

永野芽郁と北村匠海のダブル主演作
[拡大画像]

[映画.com ニュース]永野芽郁北村匠海がダブル主演する「君は月夜に光り輝く」の完成披露試写会が2月19日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、永野と北村をはじめ、共演の甲斐翔真松本穂香今田美桜優香生田智子長谷川京子及川光博月川翔監督が上映前の舞台挨拶に出席した。

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞に輝いた佐野徹夜氏の同名デビュー作を実写映画化。死期が近づくにつれて肌が光るという原因不明の“発光病”を患うまみず(永野)と、彼女の願いを代わりに実行し、その感想を伝える「代行体験」を行うことになった高校生・卓也(北村)の姿を描く。北村は、初共演となった永野の演技について問われると「すごい!」と即答。「僕が演技を受け取ろうとせずとも、綺麗に投げてくれる。そして、そのボールを僕が投げると溶け込むように吐き出してくれる。不思議な感覚で芝居をしていました」と振り返った。

特に印象に残っていたのは、屋上を舞台にしたシーン。「立ち位置を確認する段取りの時点で、芽郁ちゃんが熱い演技をしていて。終わった時に周りを見たら、スタッフさん全員が号泣していました。カメラマンさんも泣きながら撮っているほど。愛や思い入れが深い現場だった」と振り返ると、月川監督は「冷静に見ようとしていたんですけど……ちゃんとした監督であれば、カットをかけた後に『今の良かったよ』『次はこうしてみようか』と言いに行くと思うんですが、嗚咽(おえつ)しちゃって何も言えなくて」と告白。永野もその光景を覚えていたようで「(月川監督が)すごい勢いで走ってくるから『もう1回やらなきゃいけないのかな?』と一瞬考えたんです。そしたら真顔で目を見られて『何も言えねぇ』と言って、いなくなる(笑)」と語っていた。

タイトルにちなみ“光り輝いたエピソード”を披露することになると、月川監督は「私たちの涙が現場の床に光り輝く」とフリップを掲げて「永野さんの下の床にも涙がたまっていたんですけど、モニターの周りもスタッフの涙で光っていた」と述懐し、改めて永野の熱演を称賛。そして「子どもの笑顔」(長谷川)、「ゲームをしている時」(優香)、「家にいる時」(松本)、「ドローンの撮影」(甲斐)、「紙パックのお茶」(今田)「女子トークをしている時」(生田)、「(寿司の)ヒカリモノ」(及川)と自らを“光り輝かせる”ものが出揃うなか、北村は「磯遊び」という風変わりな答えを示した。

「小さい頃、フナムシが密集している場所に水をかけるのが大好きだった。(ペットボトルを利用した)追い込み漁とかもやっていましたよ。今でも僕が一番光輝く場所は、磯」と明かすと、永野は「いつか追い込み漁をやっている動画を見せてほしい」とリクエスト。そんな永野は「空気」と回答し「空気が綺麗な場所に行くとテンションが上がるんです。それとカメラを向けてもらって、挨拶をしている“今”の状況。普段はできないことですし、こういう空気にも敏感に反応する。だから“今”光輝いています」と話していた。

君は月夜に光り輝く」は、3月15日に全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報