「女王陛下のお気に入り」“時代錯誤”な斬新衣装に込めた狙いとは?特別映像が公開

2019年2月2日 12:00

女優陣もお気に入りの衣装
女優陣もお気に入りの衣装

[映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞をはじめ9部門10ノミネートを果たした「女王陛下のお気に入り」の特別映像が公開された。本作の衣裳を担当し、ヨルゴス・ランティモス監督や女優陣からも信頼の厚いサンディ・パウエルが、衣装のこだわりを語っている。

本作は、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描く人間ドラマ。第91回アカデミー賞では、女王アンを演じたオリビア・コールマンが主演女優賞、女王に仕えるアビゲイルを演じたエマ・ストーンとレディ・サラを演じたレイチェル・ワイズがそれぞれ助演女優賞にノミネート。ランティモス監督も監督賞候補となっている。

パウエルは、これまで「キャロル」「シンデレラ」などの衣装を担当。本作と「メリー・ポピンズ リターンズ」で第91回アカデミー賞衣装デザイン賞にダブルノミネートされた。

画像2

パウエルは「監督の要望は、シルエットは史実のまま、素材や色で遊びたいと、つまりビジュアルを一から考案し直したの」と振り返り、「宮廷内の衣装はすべてモノクロに統一した。政治家たちは色で区別した」と話す。

ランティモス監督は「サンディと話し合って、色を限定したら面白くなると思いついた。シルエットが機能するなら、現代の素材でも何でも試した」と明かし、ストーンは「サンディの衣裳が着られて光栄だった」、コールマンも「サンディ・パウエルの衣裳は特別よ。何もかもが美しい」とうっとりした様子。ワイズは「使われてる素材が斬新よ。白黒の革やデニムなどとても時代錯誤なの」と魅力を語った。

なお、2月6日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、本作でパウエルが製作した衣装が展示される。「女王陛下のお気に入り」は2月15日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース