調布シネマフェスで「風の谷のナウシカ」上映 鈴木敏夫氏のトークイベントも開催

2019年1月23日 05:00

鈴木敏夫プロデューサー出演の トークイベントも開催
鈴木敏夫プロデューサー出演の トークイベントも開催

[映画.com ニュース] 宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」が、2月16日~3月10日に開催される「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」でスクリーン上映されることが決定した。3月2~10日にイオンシネマシアタス調布で特別上映される。

「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」は、映画の作り手にスポットを当てた映画祭として、角川大映スタジオや日活調布撮影所など、映画・映像企業が40社以上集まる東京・調布市で開催。会場となる文化会館たづくり、グリーンホール、イオンシネマシアタス調布ほかでは、市民投票により選考された映画賞「映画のまち調布賞」の授賞式をはじめ、映画の上映、監督やスタッフによるトークショー、映画に使用された衣装やミニチュア、映像資料などの展示、映画づくりを体験できるワークショップなどが行われる。

文化会館たづくりのくすのきホールでは、3月2日午後4時から、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが出席する「~映画のまち調布~青春時代の撮影所 大楠(安田)道代×鈴木敏夫トークショー&上映会」が開催。大楠や勝新太郎京マチ子らが出演するマキノ雅弘監督作「玄海遊侠伝 破れかぶれ」(1970)を上映し、大映東京撮影所で活躍した大楠と、大映や日活の作品に造詣が深い鈴木プロデューサーが、撮影所の思い出や作品の見どころを語る。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース