佐藤二朗が問題発言!? 柴犬と10年連れ添うも「犬に興味がない」

2019年1月10日 21:30

柴犬を連れたおっさんがしゃべるだけの異色作
柴犬を連れたおっさんがしゃべるだけの異色作

[映画.com ニュース] 俳優の渋川清彦が主演する「柴公園」のドラマ版第1話完成披露上映会が1月10日、東京・シネマート新宿で行われ、渋川をはじめ共演の大西信満、ドロンズ石本、桜井ユキ佐藤二朗、出演した5匹の犬が舞台挨拶に出席した。

柴犬を連れたおっさん3人が、街の公園でダラダラとしゃべるだけの異色作。渋川が開口一番「こんばんワン」と挨拶し、一同から「なんなのそれ?」「10分前から黙りこんでいたの、これ考えてたからか」と即座に総ツッコミを入れられるなど、ゆるい雰囲気で舞台挨拶はスタートした。

俳優人生20周年で連ドラ初主演を果たした渋川だが、「本作はどんな内容か?」と問われると「柴犬を連れたおっさん3人が公園で話すエンタテインメント」とのんびり回答。「中身がないようで、やっぱり中身がない」とも語っており、共演陣も「黙っていればテレビで見れるのに、わざわざ新宿まで来ていただいて申し訳ない」(大西)など自虐混じりに作品をアピールした。

また今作の佐藤は、約10年前から続く「幼獣マメシバ」シリーズの主人公・芝二郎として出演。豆柴を連れた中年ニートという設定だ。「僕、第1話は出演18秒。しかもセリフは『これこ~れ』と2回言っただけ。なんで今日、ここにいるのか」と文句をたれたが、「柴犬作品の大先輩ですね」と声をかけられ「こう言ってはなんですが、大先輩ですね」と得意げ。一方で石本から「撮影で犬にエサをあげるとき、豆柴がちょっと噛んだだけで(佐藤が)『怖い怖い』と言っていた」と暴露されると、「怒られるかもしれないけど、犬は好きでも嫌いでもなく、興味がない」と問題発言で場内をざわつかせていた。

それでも、壇上に出演した出演犬たちが登場すると、表情をほころばせた佐藤。しっかりと豆柴を抱きかかえ、穏やかなほほ笑みを浮かべながら頭をなでていた。「柴公園」ドラマ版はこの日からテレビ神奈川ほかで放送開始し、映画版は6月14日から公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
劇場版 幼獣マメシバ[DVD]

劇場版 幼獣マメシバ[DVD]

最安価格: ¥3,344

「イヌゴエ」「ネコナデ」に続く動物シリーズ第3弾。主演は個性派俳優の佐藤二朗、共演に安達祐美、笹野高史ら。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース