倖田來未「アリー スター誕生」に感涙! IKKOは“ガガ酔い”しちゃった? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月10日 > 倖田來未「アリー スター誕生」に感涙! IKKOは“ガガ酔い”しちゃった?
メニュー

倖田來未「アリー スター誕生」に感涙! IKKOは“ガガ酔い”しちゃった?

2019年1月10日 22:40

ガガ酔い!?「アリー スター誕生」

ガガ酔い!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気歌手のレディー・ガガが主演を務める感動作「アリー スター誕生」(公開中)の「涙腺崩壊OK!号泣嗚咽上映イベント」が1月10日、東京・新宿ピカデリーで行われ、美容家でタレントのIKKO、歌手の倖田來未が出席した。

スターになることを夢見ながら、自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリー(ガガ)が、世界的ロックスターのジャクソンに才能を見いだされ、等身大の姿でショービジネスの世界に飛び込んでいく。初メガホンをとり、ジャクソン役でダブル主演を果たしたのは、俳優のブラッドリー・クーパー。先日発表された第76回ゴールデングローブ賞では、ガガが劇中で歌う“Shallow”が主題歌賞に輝いた。

「最初から最後まで、泣けるポイントがありすぎた。とにかく音楽と歌に包まれた」と振り返る倖田は、「涙をふき過ぎて、着ていた白いTシャツが、アイラインやメイクで真っ黒になってしまった。見終わった後も、余韻がすごくて30~40分語ってしまった」と今も映画の感動が冷めない様子。アリーの奮闘に、自身の下積み時代を重ね合わせ「1秒1秒を大切にしてきたから、今がある。夢に向かっていると、何が本当に大切なのかわからなくなるもの」と話していた。

IKKOも「涙が止まらなくなり、“ガガ酔い”してしまった」と語るほど、本作に圧倒されたといい「私にとって、バイブルのひとつになった」。さらに「大人になること、スターでいることとは、どんなことなのか考えさせられた。最終的には、脱皮を繰り返すことが大切」と劇中で成長を遂げるヒロインの姿に感銘を受けていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi