B・クーパーが「アリー」出演を熱望したS・エリオット 共演の夢をかなえるための秘策とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月5日 > B・クーパーが「アリー」出演を熱望したS・エリオット 共演の夢をかなえるための秘策とは?
メニュー

B・クーパーが「アリー」出演を熱望したS・エリオット 共演の夢をかなえるための秘策とは?

2019年1月5日 11:00

B・クーパーが脚本段階からあて書きし、 出演を熱望していたS・エリオット「アリー スター誕生」

B・クーパーが脚本段階からあて書きし、
出演を熱望していたS・エリオット
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的歌姫レディー・ガガの映画初主演作「アリー スター誕生」(公開中)で監督と主演を務めたブラッドリー・クーパーが、俳優サム・エリオットの出演を熱望していたことがわかった。クーパーはエリオットの出演を実現させるため、ある秘策を講じたと明かしている。

歌手の夢を諦めかけていたアリー(ガガ)が、ロックスター・ジャクソン(クーパー)に才能を見出され、一気にスターダムを駆けあがっていくシンデレラストーリー。第76回ゴールデングローブ賞では5部門、第25回全米俳優組合(SAG)賞では最多4部門にノミネートされている注目作だ。

1970年代からハリウッドで活躍し、「ライラの冒険 黄金の羅針盤」や「マイレージ、マイライフ」で知られる名バイプレイヤー・エリオットは、ジャクソンの兄ボビーに扮した。ミュージシャンの夢を諦め、献身的に弟をサポートするという役どころで、複雑な家庭環境を背負いながら、アリーの登場により微妙に変化する兄弟のきずなを繊細に演じ上げている。

本作で長編監督デビューを果たしたクーパーは、脚本執筆段階からエリオットの出演を想定していたそうで、「僕はボビー役を最初からサムにあて書きしていたんです。実のところ、もし彼が演じてくれなければ、本当に困ったことになっていたんです。僕は見識豊かな人物である彼が、それとは対照的に憤りに満ちたキャラクターを演じるのを見たくてたまらなかったんです」と明かす。そして、「彼は見事に絶妙なバランスで、全編を通して愛と憤りに満ちた男を演じてくれました」と絶賛している。

一方のエリオットは、オファー時までクーパーとは1度も会ったことがなかったそうで、「愛嬌があり、腰が低くて、素直。私は最初から彼のことが好きになりましたよ」と、初対面で好印象を抱いた様子。その際にクーパーは、自身がエリオットの声を真似てセリフを話している録音を披露。弟役を演じるに当たり、エリオットの声に寄せるためにボイストレーニングを重ねていたという。エリオットはこの“クーパー流”の秘策にこめられた情熱に感動したそうで、「(録音で)使われているセリフの中に、僕が過去作で演じているものがあったんだよ。それを聞いた時に、『そこまで準備するのか!?』と本当に感心をしたんだ。そこまでして僕をこの映画に出演させたいんだとね。その時にこれは絶対に素晴らしい体験になるなと思ったんだ」と語っている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報