「ヘレディタリー」絶叫上映、まさかの“失敗”?その理由は…… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月25日 > 「ヘレディタリー」絶叫上映、まさかの“失敗”?その理由は……
メニュー

「ヘレディタリー」絶叫上映、まさかの“失敗”?その理由は……

2018年12月25日 17:00

静かに泣き出す観客もいた「ヘレディタリー 継承」

静かに泣き出す観客もいた
(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ホラー映画「ヘレディタリー 継承」(公開中)の絶叫上映が12月21日、都内で開催。“絶叫・悲鳴OK”というルールで上映が行われたものの、観客が恐怖で声を出せなくなってしまうという不測の事態に陥った。

本作は、祖母エレンの死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描く。「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがエレンの娘アニーを演じ、インディペンデント映画の最高峰を競う「第28回ゴッサム・インディペンデント・フィルム・アワード」で女優賞を受賞。放送映画批評家協会(BFCA)が主催する第24回クリティック・チョイス・アワードでも主演女優賞にノミネートした。

絶叫上映は、これまで数々の絶叫・応援上映を手がけてきた団体「V8JAPAN」のメンバーが本作に登場するチャーリー(ミリー・シャピロ)とピーター(アレックス・ウルフ)に扮し、開映前に前説を行ってからスタート。ラスト付近の怒涛の展開こそ大きな叫び声が上がったが、それ以外は静かに泣き出してしまう人、口を手で押さえて怖がる人、小声で「やばい……」とつぶやく人など、悲鳴以外のリアクションが見られた。

上映終了後、来場者からは「叫ぶ気満々で来たのに怖すぎて絶句してしまった」「映画の緊迫感が強すぎて叫ぶ余裕はなかった」などの声が寄せられた。V8JAPANのメンバーは「誰にも気兼ねなく声を出して怖がって良いという企画だったが、映画の恐ろしさに叫ぶどころではなかった様子」と叫びたい気持ちより恐怖が上回っていたことを証言し、「鑑賞していたメンバーたちにも、映画のすさまじさにリピーターであるにも関わらず絶句してしまった者もいた。“絶叫上映”完敗しました」と見解を述べていた。

(映画.com速報)
【おトク値!】シックス・センス[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】シックス・センス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,700 死者が見える少年と心に傷を負った精神科医が交流を通じて癒されていく姿を綴った異色のサスペンス・ホラー。
リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 アリゾナからカリフォルニアまでのバス旅行を通じて、崩壊寸前だった家族の再生を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi