「雪の華」三代目JSB登坂広臣の凛々しい場面写真公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月21日 > 「雪の華」三代目JSB登坂広臣の凛々しい場面写真公開!
メニュー

「雪の華」三代目JSB登坂広臣の凛々しい場面写真公開!

2018年12月21日 12:30

ぶっきらぼうだが真っ直ぐな青年を演じた「雪の華」

ぶっきらぼうだが真っ直ぐな青年を演じた
(C)2019 映画「雪の華」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「三代目J Soul Brothers」のボーカリスト・登坂広臣と女優の中条あやみが主演する映画「雪の華」の新たな場面写真が公開された。クリスマスツリーを運ぶ登坂の姿を切り取っている。

本作は、中島美嘉の同名楽曲を基に、「羊と鋼の森」「orange オレンジ」の橋本光二郎が監督、「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の岡田惠和が脚本を務め映画化。ガラス工芸家を目指す悠輔(登坂)と、余命1年を宣告された美雪(中条)の切ない恋愛模様が描かれる。

悠輔と美雪の物語は、冬に2人が偶然出会うところからスタートする。クリスマスの準備に大忙しの悠輔は、クリスマスツリーを運んでいたところ、ひったくりに遭う美雪を目撃する。ひったくりから荷物を取り返した悠輔が「助けてとか、返してとか、声に出さないとわからないだろ、声出して行けよ、声!」とぶっきらぼうに荷物を突き返すと、美雪が「助けてって言ったら、誰か助けてくれるんですか?」と言い返す。その様子を見た悠輔は「いい感じ。その調子で声出せよ」と満足げにその場を去っていく。

悠輔の言葉に心動かされた美雪は、この出会いの後、悠輔の働く店を救う100万円を出す代わりに、1カ月の期間限定の恋を持ちかけるのだった。

2人が出会うシーンについて、橋本監督は「子どもの頃からいろんなことを諦めてきたけれど、心の奥に『なんで私だけ』という悔しさを抱えていた女の子が、本当は誰かに助けてほしかったのだと、声に出すことによって気付き、物語が動き始めます」と重要性を明かしている。

雪の華」は2019年2月1日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報