見た目はアイドル、心は極道! 実写「Back Street Girls」過激さ倍増の予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月17日 > 見た目はアイドル、心は極道! 実写「Back Street Girls」過激さ倍増の予告完成
メニュー

見た目はアイドル、心は極道! 実写「Back Street Girls」過激さ倍増の予告完成

2018年12月17日 08:00

本ポスタービジュアルもお披露目!「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」

本ポスタービジュアルもお披露目!
(C)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャスミン・ギュ氏の人気漫画を実写映画化する「Back Street Girls ゴクドルズ」の本ポスタービジュアルと予告編が、このほどお披露目された。見た目は“アイドル”、心は“極道”の3人の姿を、過激すぎるワードや描写とともにとらえている。

極道を貫いてきた男たちが、まさかの全身整形でアイドルデビューを果たし、人気急上昇によってアイドルとしての自分に目覚めながら、極道である本来の自分との葛藤に揺り動かされながら生きていく姿をコミカルに描く。11月5日に「ピンキーバイオレンス」を彷彿とさせるティザー映像、インパクト抜群のビジュアルが公開されるやいなや、ネットやSNSでは大きな話題に。配給元の東映には、アジア圏各国のバイヤーから問い合わせが殺到したようだ。

本ポスタービジュアルでは、主人公となる若きヤクザの3人組を演じた白洲迅柾木玲弥花沢将人、整形後の姿に扮した岡本夏美松田るか坂ノ上茜を活写。さらに「壮絶に、チ○コが消える。」というコピーが大胆に配されている。予告編は「俺たちはヤクザだ。男の中の男だ。それを忘れんなよ」「乗り込んで、一気にタマとるぞ」というセリフとともに、全身整形までの過程が描かれる。やがて、人気アイドルグループ「ゴクドルズ」として活動することになった山本健太郎(白洲)、立花リョウ(花沢)、杉原和彦(柾木)だったが、本来の自分である“極道”の魂は消え去ってはいないようだ。

満面の笑顔でライブパフォーマンスを披露する一方で、バックステージでは日本酒一升瓶をラッパ飲み&煙草をぷかぷか。コワモテの男たちに取り囲まれれば、雄叫びを上げながら喧嘩キック、日本刀で敵を叩き斬ってみせる。また、マイクに向かって喋っている最中に「あのね、マリ、最近陰毛に白髪が1本生えてね。ショックでしたわ~」と思わず“素”が出てしまうシーンも収められている。

Back Street Girls ゴクドルズ」には岩城滉一菅谷哲也浅川梨奈小沢仁志桜田通、今年2月に他界した大杉漣さんも出演。2019年2月8日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi