弱小新聞社VSアメリカ政府! ロブ・ライナー監督作「記者たち」予告&ポスター完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月12日 > 弱小新聞社VSアメリカ政府! ロブ・ライナー監督作「記者たち」予告&ポスター完成
メニュー

弱小新聞社VSアメリカ政府! ロブ・ライナー監督作「記者たち」予告&ポスター完成

2018年12月12日 11:00

公開日は2019年3月29日に決定「記者たち 衝撃と畏怖の真実」

公開日は2019年3月29日に決定
(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS,
LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スタンド・バイ・ミー」「最高の人生のつくり方」を手がけた名匠ロブ・ライナー監督の最新作「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のポスタービジュアルと予告編が初披露された。

イラク戦争の大義名分である“大量破壊兵器”の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の記者たち4人の奮闘を描く。02年、ジョージ・W・ブッシュ大統領はサダム・フセイン政権を倒壊させるべく、「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。大手新聞社が政府の情報を信じて報道し続けるなか、地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社だけは信念を貫き「それは真実なのか」と問い続けていた。そして03年、ブッシュ大統領はイラクを武装解除し、世界を危険から守るための「衝撃と畏怖」作戦実行の決定を下す。

「真実は、誰のためにあるのか。」というコピーが添えられたポスタービジュアルは、自らの信念を貫き通す4人の男の姿を活写。粘り強い取材活動によって真実へと近づいていくナイト・リッダー社の記者ジョナサン・ランデー(ウッディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)に加え、トミー・リー・ジョーンズが熱演した伝説の記者ジョー、ライナー監督自ら体現した支局長のジョンが、アメリカ政府の“巨大な嘘”を暴くべく、情熱を燃やしているさまをとらえている。

予告編は、ブッシュ大統領が「イラクは大量破壊兵器を隠し持っている」と断言する映像からスタート。「政府のやってることが許せないから話すの」と国防省に所属する女性が登場し、ナイト・リッダー社は“巨大な嘘”を確信。「ワシントン・ポストやNYタイムズが間違いで弱小新聞が正しい?」と辛らつな言葉を投げかけられつつも、その思いは揺るがない。支局長のジョンが「もし他のメディアが全て政府の広報になるならやらせとけ」「我々は子どもを戦場に送る親たちの味方だ」と記者たちを鼓舞するさまなどが映し出されている。

記者たち 衝撃と畏怖の真実」は、2019年3月29日から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

(映画.com速報)
スタンド・バイ・ミー[Blu-ray/ブルーレイ] スタンド・バイ・ミー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 スティーブン・キングの短編小説「死体」をロブ・ライナー監督が映画化したノスタルジックな青春ドラマ。
最高の人生のつくり方[DVD] 最高の人生のつくり方[DVD] 最安価格: ¥3,184 「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナー監督が、マイケル・ダグラス&ダイアン・キートン主演で描いた大人のラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi