「TAXi」最新作、撮影でマルセイユを停止状態に!? ド派手アクションの裏側映像入手

2018年11月28日 16:00

1作目と同じマルセイユに帰ってきた!
1作目と同じマルセイユに帰ってきた!

[映画.com ニュース] 世界中で人気を集めた「TAXi」シリーズ最新作「TAXi ダイヤモンド・ミッション」のメイキング映像を、映画.comが入手した。冒頭の大爆発を皮切りに、高速ドリフトや横転、港へのダイブや空中ジャンプなど、迫力あるカーアクションを収めている。

シリーズ5作目となる本作では、これまでの“名コンビ”サミー・ナセリフレデリック・ディフェンタールからバトンを引き継ぎ、超絶ドライブテクを持つスピード狂の警官マロ(フランク・ガスタンビド)と、ナセリ演じる伝説的ドライバー・ダニエルの甥(おい)でありながら、間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)がバディに。高級車を操るイタリアの強盗団から、世界最大のダイヤモンド“カシオペア”を守るため、“凸凹コンビ”が時速300キロメートル超えの伝説のタクシー、プジョー407で南仏マルセイユを爆走する。

監督・主演・脚本を担うガスタンビドが率いるのは、「96時間」シリーズや「トランスポーター」シリーズに携わった精鋭スタッフ陣。「TAXi」1作目と同じく、フランス・マルセイユの街を本作の舞台にしたかったというガスタンビドは「マルセイユはフランス版マイアミのようなところがある。光と空気と色、そして陽ざしが降り注ぐ。この街自体が映画のように美しい。『TAXi』はマルセイユの代名詞だし、僕たちは10年後のマルセイユに戻る必要があった」と、実現に興奮を抑えきれない様子。

撮影前のガスタンビドは、未経験だったカーアクションの撮影に不安を抱いていたというが、多くの知恵と経験を持つ撮影チームとマルセイユの街に住む人々の協力により、ド派手なシーンの数々が完成した。ガスタンビドは「夏の間、街を停止状態にしたんだ。ストリートを毎時200キロでフェラーリやランボルギーニが駆け抜ける。マルセイユの人たちはやっとストリートを取り戻せて、喜んでいると思う」と大がかりな撮影を振り返り、「僕たちは大好きな街を撮影した。この街を本当に愛している。撮影中、毎週末には家に戻ろうと思っていたが、一度も帰らなかったくらいだ」とマルセイユへの愛着をにじませた。

TAXi ダイヤモンド・ミッション」は、2019年1月18日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com