ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 作品賞は「グリーン・ブック」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月28日 > ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 作品賞は「グリーン・ブック」
メニュー

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 作品賞は「グリーン・ブック」

2018年11月28日 16:00

作品賞に輝いた「グリーン・ブック」「グリーンブック」

作品賞に輝いた「グリーン・ブック」
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER
DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞前しょう戦のひとつとして注目される、米ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が11月27日(現地時間)に発表され、作品賞にファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督した「グリーン・ブック(原題)」が輝いた。

「グリーン・ブック」は1962年、人種差別が残る米南部でコンサートツアーをする黒人ジャズピアニストのドン・シャーリーが、粗野で無教養なイタリア系のトニー・リップを用心棒兼運転手として雇い、黒人用旅行ガイド“グリーンブック”を頼りに旅を始める実話を元にしたストーリー。本作は作品賞のほか、トニー役を演じたビゴ・モーテンセンが主演男優賞を受賞した。ドン役は「ムーンライト」のオスカー俳優マハーシャラ・アリ。本作は今年のトロント映画祭で観客賞を受賞し、本年度の賞レースでも躍進が期待されている。

監督賞は、3度目のリメイクとなる「アリー スター誕生」で長編初メガホンをとったブラッドリー・クーパーが受賞。ウェイトレスをしながら歌手になることを夢見るアリー役を演じたレディー・ガガが主演女優賞、世界的ロックスターのジャクソン(クーパー)を見守る兄ボビー役を演じたサム・エリオットが助演男優賞を受賞した。

また、バリー・ジェンキンス監督作「ビール・ストリートの恋人たち」でヒロインの母役を演じたレジーナ・キングが、助演女優賞を受賞。本作は、米黒人文学を代表する作家ジェームズ・ボールドウィンの長編小説「ビール・ストリートに口あらば」を映画化した作品で、1970年代のニューヨーク・ハーレムを舞台に、妊娠中の黒人女性が、身に覚えのない罪で逮捕された婚約者の無実を晴らそうと奔走する姿を描いている。脚本も手がけたジェンキンスは、脚色賞を受賞した。

なお、優秀作品10本は「バスターのバラード」「ブラックパンサー」「Can You Ever Forgive Me?」「Eighth Grade」「First Reformed」「ビール・ストリートの恋人たち」「メリー・ポピンズ リターンズ」「クワイエット・プレイス」「ROMA ローマ」「アリー スター誕生」だった。

主な受賞結果は以下の通り。

▽作品賞 「グリーン・ブック(原題)
▽監督賞 ブラッドリー・クーパーアリー スター誕生
▽主演男優賞 ビゴ・モーテンセングリーン・ブック(原題)
▽主演女優賞 レディー・ガガアリー スター誕生
▽助演男優賞 サム・エリオットアリー スター誕生
▽助演女優賞 レジーナ・キングビール・ストリートの恋人たち
▽脚本賞 ポール・シュレイダー「First Reformed」
▽脚色賞 バリー・ジェンキンスビール・ストリートの恋人たち
▽アニメーション映画賞 「インクレディブル・ファミリー
▽ブレイクスルー演技賞 トーマサイン・マッケンジー 「Leave No Trace」
▽新人監督賞 ボー・バーナム「Eighth Grade」
▽外国語映画賞 「Cold War
▽ドキュメンタリー映画賞 「RBG
▽アンサンブル演技賞 「クレイジー・リッチ!

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報