「TAXi」最新作の製作きっかけはInstagramだった?新コンビが明かす秘話 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月16日 > 「TAXi」最新作の製作きっかけはInstagramだった?新コンビが明かす秘話
メニュー

「TAXi」最新作の製作きっかけはInstagramだった?新コンビが明かす秘話

2018年11月16日 20:00

(左から)マリク・ベンタルハ、 フランク・ガスタンビド「TAXi ダイヤモンド・ミッション」

(左から)マリク・ベンタルハ、
フランク・ガスタンビド
(C)2018 - T5 PRODUCTION - ARP -
TF1 FILMS PRODUCTION - EUROPACORP -
TOUS DROITS RESERVES
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で人気を集めた「TAXi」シリーズ最新作「TAXi ダイヤモンド・ミッション」の製作秘話を、本作で主人公シルヴァン・マロを演じ、監督と脚本も務めたフランク・ガスタンビドと、マロの相棒となるエディ・マクルーを演じたマリク・ベンタルハが明かした。

レオン」「フィフス・エレメント」などで知られるリュック・ベッソンが製作・脚本を手がけた1作目の公開から20年。シリーズ5作目となる本作では、これまでの“名コンビ”サミー・ナセリフレデリック・ディフェンタールからバトンを引き継ぎ、超絶ドライブテクを持つスピード狂の警官マロ(ガスタンビド)と、ナセリ演じる伝説的ドライバー・ダニエルの甥(おい)でありながら、間抜けなタクシー運転手エディ(ベンタルハ)がバディに。高級車を操るイタリアの強盗団から、世界最大のダイヤモンド“カシオペア”を守るため、“凸凹コンビ”が時速300キロメートル超えの伝説のタクシー、プジョー407で南仏マルセイユを爆走する。


画像2

[拡大画像]

フランス国内で高い人気を誇るガスタンビドとベンタルハだが、「TAXi」シリーズの生みの親であるベッソンへの本作製作の打診は、簡単なものではなかったという。シリーズの大ファンであった2人は、ベンタルハが偶然知り合っていたベッソンにInstagramでメッセージを送ったことがきっかけとなり、会う約束を取り付けた。

そこで5分間のプレゼンタイムを与えられたといい、当時を振り返ったガスタンビドは「リュック(・ベッソン)には僕らが『TAXi』シリーズのファンだってことはわかっている。彼はすでに僕たちを試していた。リュックは、本当に真剣にやろうとする人間かどうか確かめる必要があったんだ」とプレゼンの意味を説明する。

熱意が伝わり、その後さらに1時間のディスカッションが用意された。2人は最後に「新しい『TAXi』を作るなんてバカげたアイデアですか?」と尋ねてみたそうだが、ベッソンは「良さそうだね。アイデアを30ページにまとめて送ってくれ」と返答。そこから「TAXi」シリーズは本格的に再始動し、撮影前にはベッソンから「またとないチャンスを与えられたんだ。無駄にするな」と叱咤激励の電話を受けたという。


画像3

[拡大画像]

完成した本作を見たベッソンからは「よくやった。とてもいいよ。すごく愉快だ!」と称賛されたようで、ガスタンビドは「安堵したよ。気に入らないと自分でシーンを撮影し直すか、映画を編集し直すという話を聞いていたんだ。『何もカットしなくていい。上出来だ』と言ってくれた」と、ベッソンも太鼓判を押していることを明かした。

TAXi ダイヤモンド・ミッション」は、2019年1月18日から全国公開。

(映画.com速報)
TAXi[DVD] TAXi[DVD] 最安価格: ¥1,591 マルセイユの街を舞台に、目も眩むようなスピード感たっぷりのカー・アクションが繰り広げられる痛快エンターテインメント。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi