向井理の「目がぶっとんでた」 バチバチの対立関係を演じた原田泰造が恐怖を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月7日 > 向井理の「目がぶっとんでた」 バチバチの対立関係を演じた原田泰造が恐怖を暴露
メニュー

向井理の「目がぶっとんでた」 バチバチの対立関係を演じた原田泰造が恐怖を暴露

2018年11月7日 22:45

AIをめぐる人間ドラマに、豪華キャスト陣結集!

AIをめぐる人間ドラマに、豪華キャスト陣結集!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WOWOWの社会派ドラマシリーズの最新作「パンドラIV AI戦争」の完成披露試写会が11月7日、東京・青山のスパイラルホールで行われ、主演の向井理をはじめ共演した黒木瞳美村里江三浦貴大山本耕史原田泰造渡部篤郎、脚本を手掛けた井上由美子、メガホンをとった河毛俊作監督が登壇した。

物語の舞台は、IT企業が経営するメディノックス医療センター。医学者の鈴木(向井)が開発したAIを利用し、医師よりも短時間で正確に、しかも無料で行われるAI診断によって世間の評判を集めていた。しかしある日、AI診断に基づき、優秀な心臓外科医・上野(原田)が手術した患者が死亡。記者の太刀川(山本)は、この事件をめぐり独自の調査を開始する。

冒頭で向井は、「10年続くシリーズに参加させて頂いて光栄です」と真摯な眼差しで語り、「撮影、打ち上げまで無事終わったので、ほっとした気持ちです」とニッコリ。また、登壇陣のなかで唯一初共演だという渡部の印象について、「フランクで、大人なんですけど遊び心がある方」と明かす。さらに、「またどこかで一緒にやれたらと強く思いました。どうでしょうか今ので?」と顔色をうかがうと、渡部は「いいと思う」と大きくうなずき、満足げな表情を浮かべていた。

「曲がったことが大嫌い、原田泰造です」と自己紹介した原田は、本作で医者役に初挑戦。「(原田が演じた)上野は孤高でしたよね」という向井の言葉に、「でも、鈴木も孤高だったよね。結果、みんな孤高だったよね」と返し、曲者ぞろいの作品の雰囲気を伝えた。そして、「(上野と鈴木は)同じ空気を吸うのも嫌だ、っていうくらいのバチバチ感でね。上野が問い詰められるシーンで、その時に(鈴木の)目がぶっとんでた。主人公は一途なんですけど、ちょっと怖いところもありますね」と、向井の熱演を絶賛した。

医師会会長役を務めた黒木は、役どころに関して「クランクインする前に、井上先生から『上品な人の中の下品さを楽しんでください』と言われました。難題だなと思いながら、役どころを想像する時間も楽しかったです」と振り返る。シリーズを通して記者・太刀川役で出演している山本は、「今回初めて、主人公が太刀川より年下。セリフの雰囲気も少しずつ変わってきていて、作品と一緒に成長できているなと感じました」と、シリーズの歴史の長さを語った。

連続ドラマW「パンドラIV AI戦争」は、11月11日から、WOWOWプライムで毎週日曜午後10時放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi