市村正親、舞台で仮装しているので「ハロウィンは仮装しない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月31日 > 市村正親、舞台で仮装しているので「ハロウィンは仮装しない」
メニュー

市村正親、舞台で仮装しているので「ハロウィンは仮装しない」

2018年10月31日 21:20

舞台挨拶を盛り上げた市村正親「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」

舞台挨拶を盛り上げた市村正親
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭で、特別招待作品「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」(11月30日公開)の日本語吹き替え版プレミアが10月31日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、偏屈な老人スクルージ(クリストファー・プラマー)の声を務めた市村正親が舞台挨拶した。

同作は、170年以上にもわたり愛されてきた、英文学作家のチャールズ・ディケンズの不朽の名作「クリスマス・キャロル」の誕生秘話とディケンズの心の旅をユニークに描いたファンタジー。

ミュージカル「『スクルージ』~クリスマス・キャロル~」で24年間、スクルージを演じてきた市村は「僕以外にスクルージの声をやる人はいないだろうということで選ばれました。吹き替え版は画面だけ見ればいいので、見やすいと思います」とアピール。東京国際映画祭への参加については「いつも見ている方で、参加することないと思っていましたが、この映画で参加できて、幸せです」と笑顔を浮かべた。

オープニングセレモニーのレッドカーペットを振り返り、「ほかの映画の方たちは2、3人以上。僕はひとりで歩かされました。本来なら向こうのキャストが来るべきなんでしょうが、予算の関係なのか、僕ひとり。転ばないように気をつけました」。映画祭には妻で女優の篠原涼子も、特別招待作品のヒューマンミステリー「人魚の眠る家」で参加。しかし、夫婦でのレッドカーペット登場は叶わず、「妻も歩く予定だったのですが、(登場が上映日の)29日になってしまった。いたら心強かったのに。それだけが残念です」と話した。


画像2

[拡大画像]

思い入れのあるスクルージ役については「メイクに昔は1時間かかったが、今は30分。プラマーさんはほとんどノーメイクだったと聞いています。僕もノーメイクでできるくらいまで頑張りたいと思います」。本作はディケンズが「スクルージ」という名前をひらめくと、目の前にスクルージ本人が現れるという設定。「突然、現れるとすれば、誰がいい?」との質問には、「大人になった2人の息子ですね。今は6歳と10歳ですけども、26歳と20歳になって登場したら、いい。即飲めるから(笑)。僕の後を追って役者になっているか、別の職業か、早く見たいですね」とマイホームパパぶりをうかがわせた。

この日のハロウィンにちなみ、「どんな仮装をしたいか」と問われると、「(妻からハロインの仮装の)写メールが来ました。上の子は『チャイルド・プレイ』のチャッキーさん、ママは『スパイダーマン』でした。僕は舞台の上で、仮装しているので、普通でいいです」と話した。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi