デンマーク監督が苛烈な貧困を容赦なく描く J・クリステンセン主演「氷の季節」TIFFで上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月31日 > デンマーク監督が苛烈な貧困を容赦なく描く J・クリステンセン主演「氷の季節」TIFFで上映
メニュー

デンマーク監督が苛烈な貧困を容赦なく描く J・クリステンセン主演「氷の季節」TIFFで上映

2018年10月31日 19:20

歴史に関する緻密なリサーチに基づく作品「ヒトラーに屈しなかった国王」

歴史に関する緻密なリサーチに基づく作品
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された「氷の季節」が10月31日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、メガホンをとったマイケル・ノアー監督、プロデューサーのルネ・エズラ、マティルダ・アッぺリンが会見を行った。

007 スペクター」「ヒトラーに屈しなかった国王」で知られる名優イェスパー・クリステンセンが主演を飾る本作。19世紀デンマークの農村地に暮らし、厳しい自然環境の下で貧困にあえぐ農民イェンスは、ある耐え難い選択を迫られる。一家が過酷な冬を越すためには、近所の裕福な農家との取引に応じるしかない。しかしその選択は、家族のより良い暮らしと引き換えに、自身のモラルと最も大切な存在の犠牲を意味していた。

これまで、厳格なリアリズムで社会を容赦なく描いてきたノアー監督。「主人公の生きるための選択が生々しく描かれていたが、この映画を通して伝えたいメッセージは?」という質問に、「私自身が父親でもあり、息子でもあることが作品の土台にあります。生命の木のように人生が代々つながっていくことには、責任が伴います」と、真摯な眼差しで語る。「私も自分の子どものためなら何でもできますが、それは子どものためであると同時に、自分のためでもある。そうした葛藤が、飢えの問題が深刻な19世紀という時代設定で、より強調されています」と解説した。

物語にはデンマークの習慣が随所にちりばめられており、子どもの遺体を窓から出す描写について問われたノア―監督は、「亡霊に扉を知られて家の中に現れないようにする、という意図があります」と説明。また、劇中に登場する掛け時計について、「農場にいる人たちにとって、時間とは抽象的なものなんです。イェンスの世界では、日が昇ったら起きて、暗くなったら寝る。時計が別世界のものであることを描いています」と、アイテムに込めたメッセージを明かした。

後代の書物に頼らない独自のリサーチにこだわったというノア―監督は、当時の歌から発見したという「ハートがいっぱいでも、おなかが空っぽだったら意味がない」という言葉を紹介。さらに「(物語でもテーマになっている)策略結婚が多く、例えば2頭の牛と娘を交換したり、土地と息子を交換したり……そのような契約が結ばれていたようです」と、苛烈な貧困の状況を紐解いた。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報