ヒトラーに屈しなかった国王

劇場公開日:

ヒトラーに屈しなかった国王

解説

第2次世界大戦時、ナチスドイツの侵攻に激しく抵抗したノルウェーの国王ホーコン7世の下した決断と運命の3日間を描いた歴史ドラマ。本国ノルウェーで大ヒットを記録し、アカデミー外国語映画賞に向けたノルウェー代表作品にも選出された。1940年4月9日、ノルウェーの首都オスロにナチスドイツが侵攻。ノルウェー軍も交戦するが、圧倒的な軍事力によって主要都市が次々と陥落し、占拠されていく。ドイツ軍はノルウェーに対し降伏を要求し、ドイツ公使とノルウェー政府国王のホーコン7世との謁見の場が設けられるが、ホーコン7世はその場で、ナチスの要求に従うか国を離れて抵抗を続けるかの選択を迫られる。主人公となるホーコン7世を演じたのは、「007」シリーズの悪役ミスター・ホワイトや、「僕とカミンスキーの旅」などで知られるイェスパー・クリステンセン。

2016年製作/136分/G/ノルウェー
原題:Kongens nei
配給:アットエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

映画レビュー

3.5ドイツ公使の描写が秀逸

2017年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

前編ほぼ手持ちカメラのドキュメンタリータッチを意識した作りで、第二次大戦中のノルウェー国王、ホーコン7世の苦難の決断を描いている。

主人公はホーコン7世であるが、本作が出色なのは、ドイツ公使の苦悩と働きぶりを丹念に描写している点だろう。
ノルウェーの立場を十分に尊重し、ノルウェーで生まれた幼い娘も持つブロイアー公使は、強引な軍のやり方に反発心もあるが、孤立無援の中、なんとか戦火を最小限に留めようと骨を折るような、平和主義的な人物として描かれている。
平和裏な解決に向け妥協点を必死に探るブロイアーに対し、ホーコン7世は民主主義のため妥協せず、信念を貫く姿勢を取る。

国王の取った行動は、国王による内政への介入だ。だがその介入ことが民主主義の理念を守ることに繋がるという捻れも面白い部分だ。

しかし、邦題があまり良くない。ナチスやヒトラーの単語を入れさえすればいいと思っている節があるので、そういう短絡的なタイトルは映画の価値を損なってしまう。集客と映画の価値を高めること、両方を追いかけることを諦めないでほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

4.5多くの若者の命の消失に直結する困難な重い王の決断、それがノルウェーの誇りとなった

Kazu Annさん
2022年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Kazu Ann

4.0【”全ては祖国のために・・”中立国だったノルウェー国王ホーコン7世のヒトラーからの降伏要求を拒否する4日間を緊迫感溢れる映像で描いた作品。】

NOBUさん
2022年2月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

幸せ

ー 歴史は語るではないが、ドイツの傀儡政権の首相になったクヴィスリングが終戦後に処刑された事。一方、ホーコン7世と息子オラフ皇太子が戦後、ノルウェー国民から敬愛の念を持たれた事が良く分かる作品である。-

◆感想

 ・デンマークから来た、ホーコン7世(イェスパー・クリステンセン)が、逡巡しながらもヒトラーの降伏勧告に”NO!"という毅然とした態度を取った姿には頭が下がる。
 - 今作では、それをヒロイック的に描かずに、苦悩、逡巡の末に決断する姿をイェスパー・クリステンセンが見事に演じている。-

 ・駐ノルウェー・ドイツ公使を演じたカール・マルコヴィッチの、傀儡政権のクヴィスリングを批判しつつも、ノルウェーの未来を案じ、ホーコン7世に進言するシーンも良い。
 - カール・マルコヴィッチ。ナチス映画には欠かせない人物である。-

 ・ホーコン7世の息子オラフ皇太子が、取った行動も今でも、ノルウェーで王国一族が愛されてる事を良く示している。

<今作はナチスがヨーロッパ諸国に進軍して行った1940年4月8日~の数日にフォーカスして描いたのが、奏功していると思われる。
 傀儡政権のクヴィスリングも声だけの出演で、あくまでナチス進行に対し、苦渋の”全ては祖国のために・・”という思いで重大な決断をした(それは、自身及び家族の生命の危険があるにも関わらず・・。)ホーコン7世の姿が印象的な作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.0第二次世界大戦禍のノルウェー国王

2020年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

どこの国もvsナチス、vsヒトラーなどが好きですよね。ノルウェー編です。

以上

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トシくん
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る