劇団・玉田企画の玉田真也初監督「あの日々の話」は共感と反感の100分の密室劇

2018年10月29日 19:40

質問に答える玉田真也監督(左)
質問に答える玉田真也監督(左)

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門に出品された「あの日々の話」が10月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、原作・脚本・監督を手がけた玉田真也、出演の山科圭太近藤強木下崇祥野田慈伸高田郁恵菊池真琴が舞台挨拶に立ち、上映後には玉田監督が再登壇してティーチインに応じた。

あの日々の話」は、玉田監督が主宰する劇団・玉田企画による同名舞台を映画化したもの。ある大学サークル二次会のカラオケボックスでの一夜を舞台に、若者たちの滑稽で無様な顛末を描いた青春群像劇。映画では舞台版初演キャストに加え、太賀村上虹郎がゲスト出演している。

映画初監督の玉田は「原作舞台は2016年に作りましたが、その時はまさか映画になるとは思っていなかったので、映画化が実現し、しかも東京国際映画祭という最高の舞台でお披露目できて、この場に立てて本当に嬉しい」と挨拶。この舞台を映画化しようと思った理由については、「舞台原作の映画が好きで、密室で登場人物たちのパワーバランスが変化していくような話を撮りたいと思っていました。それができる一番近い戯曲だと思ったのでこの作品を選びました」と語り、カラオケボックス内はセットを組んで撮影したという。

企画も担当した山科は「密室劇を映画で100分近く描くのは心配だったのですが、優秀なスタッフ、キャストに集まってもらい、準備万端で撮影に挑めました。ちゃんと映画になったのではないか」とし、近藤は「漠然と映画になったら面白いと思っていました。いろんな人が共感し、反感できる作品」と説明。上映中に何度も観客から笑いが起こっていた。なお今作は、クラウドファンディングのプラットフォームを運営するMOTION GALLERYの映像製作レーベル「MOTION GALLERY STUDIO」の第1弾長編映画として製作された。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
あの日々の話
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. Koki,「牛首村」で得た金言の数々 インタビュー動画が公開

    1

    Koki,「牛首村」で得た金言の数々 インタビュー動画が公開

    2021年9月20日 07:00
  2. 【独占レポート】深田恭子「今日で泥棒を卒業します」 「劇場版 ルパンの娘」クランクアップの瞬間

    2

    【独占レポート】深田恭子「今日で泥棒を卒業します」 「劇場版 ルパンの娘」クランクアップの瞬間

    2021年9月20日 09:00
  3. イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」22年1月公開決定! 予告編も初披露

    3

    イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」22年1月公開決定! 予告編も初披露

    2021年9月20日 07:00
  4. マーベル・スタジオ社長が明かすヒーローの選定基準 「シャン・チー」シム・リウの場合は?

    4

    マーベル・スタジオ社長が明かすヒーローの選定基準 「シャン・チー」シム・リウの場合は?

    2021年9月20日 13:00
  5. 「プラチナエンド」新ビジュアル&PV公開 OPテーマはBAND-MAID、EDテーマは宮下遊

    5

    「プラチナエンド」新ビジュアル&PV公開 OPテーマはBAND-MAID、EDテーマは宮下遊

    2021年9月20日 20:00

今週